メモリーテストをするために、memtestを落としてCDに焼いたら勿体無いかなって思ったので、確かKnoppixに入っていた様に記憶していたので、落としてみました。

ここからが、悪夢?の始まり…

まぁどうせ落とすならDVD版だよねってことで、knoppix_v5.3.1DVD_20080326-20080523-AC.isoを落としました。

で、早速DVDに焼いてメモリーテスト、エラーが増えてる!! ←前からあるのは分かっていたんだけど、アドレスの後ろのほうだから無視していたんだけど、もう限界かな?

メモリーテストした後、KNOPPIX起動 5.3.1がリリースされた時に触って以降弄っていなかったので、適当に触りました。
まぁ普通に、ネットを見るだけなら十分使える。DVDからだと起動が遅いけど、再起動すれば設定がすべて消えているので、危ないところへ行くときにはもってこいかな。

しかし、これがいけなかった!! そう、ここからどつぼに嵌るのです。

KNOPPIXだけでは、物足りなくなって、他のディストリビューションもついでに試してみたくなってきたのです。
LiveCDでも、有名どころでも良かったのですが、どうせならちょっと変わった物を試したくGentoo Linux派生ディストリビューションのSabayonLinux-x86-3.4f-jp.isoを入れて見ました。
公式だと新バージョンが出てましたが、落とすのにかなり時間がかかりそうだったので(24時間以上)結局、日本語化されたものを、ライブCDの部屋さんから落とさせていただきました。
そして、試す。重いゲームいらないから軽くしてくれ!!
KEDだと日本語のフォルダ、ファイルにアクセスできない。正常に日本語化できていないみたい。GNOMEにしたら、文字化けしているけどアクセスは出来るようになった。
まぁ有ると便利って言うソフトが結構入っているので、意外といいかも。日本語入力等が出来れば、もっと良かったのにね。
このディストリビューション、なぜかシャットダウンに失敗します。
残念!!

TurbolinuxもLiveCDを出しているようだったので、入れてみました。
Turbolinux Client 2008 Live Editionっていうやつ
ここのLinux(Turbolinux8 Server)は前HDDに入れて利用していたけど、結局消しちゃったから、久々です。
しかし、まだTurbolinuxやっていたんだね 自分が高校のときから、あるから結構老舗なのかな?
日本語対応も、見た目も、ディスクトップ環境として使う分には、一番使いやすいLinuxかもさすが有料だね
1万ぐらいで買えるから、買ってもいいかもって思える出来です。

そういえば、レザー5Linuxって前あったけど、いつの間にかTurbolinux に買収されて消えていよ。残念

この当時のLinuxは自分でパーティション分けたりして結構入れるの大変だって印象があったけど、最近のディストリビューションは、GUI化されて、見た目も分かりやすくなっているし、入れやすい。
でも、その分、重くなっているから、古いマシンに入れるのは、オススメできないね

そして、ここまで?やったのであれば有名どころもやっておきたいってことで、
ubuntu-8.04.1-desktop-i386.isoを入れてみました。
まぁ普通機能も最低限って感じ
やっぱりCDの容量の制限だから、仕方が無いけどね
でも、十分に使える

他にも、試してみたい奴があったんだけどCD-Rが無くなったのでこれにて終了
DVD‐Rは有るので、面白そうなものを見つけたら、また入れてみるかも

全体的にいえるのは、日本語変換がおバカ過ぎる。
フォントがショボイ
ちょっとした機能が使いたい時に使えるソフトが、少ない
ATOKのLinux体験版出ないかな~
ディスクトップの解像度が1024×768で、表示されるのがほとんどで、
唯一ターボが1920×1200まで、表示させれた
他のも、ドライバを入れれば解決すると思うけど、めんどくさそう

実際、LinuxをHDDに入れて、数ヶ月使わないと、本当の良さは分からないと思うから、機会があれば、やってみたい。

誰かHDDちょうだい!!