タグ: 写真

ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン

バンダイ ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン を作りました。
過去にも、このぷちりっつ シリーズは作っているので、勝手は分かっているので、サクッと作りました。
関節部分の追加や、可動範囲、手の差し替え等まだ、ちょっと残念な所もありますが、値段を考えると、こんなもんかなと思います。

ぷちりっつ セイバー 正面

使用カラー


 CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
 CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

髪の毛
 CL101 LASCIVUS Aura ブロンド
 318 レドーム
 GX1 クールホワイト

上着、スカート
 80 コバルトブルー
 65 インディーブルー

マント、リボン、スカート
 80 コバルトブルー
 65 インディーブルー
 328 ブルーFS1505

ホワイト
 GX1 クールホワイト


 1001 ライト ステンレスシルバー
 GX213 GXホワイトシルバー

剣、台座、王冠
 GX209 GXレッドゴールド

鎧繋ぎ目
 X1 ブラック

剣の根本
 XF8 フラットブルー

上着及びスカートの装飾ライン
 X12 ゴールドリーフ

スカート装飾
 X11 クロムシルバー

眼、腰、甲冑の模様は付属のシールを使用してます

 

写真です

 

 

 

まぁこんな感じになりました。
本当はサクッと完成させる予定でしたが、いかんせん暑いので、中々進まず、時間がかかってしまいました。
それでも、完成させられたのでOkでしょう

さて、次は何を作ろう

陸上自衛隊 3 1/2t トラック 装甲強化型 (隊員6体セット)

アオシマより発売された陸上自衛隊 3 1/2t トラック 装甲強化型 (隊員6体セット)を作りました。
今回のキットは、数年前にボークスで買ったAFV福袋に入っていた物で、
自分から、積極的に手を出すキット(戦車は作るが、トラックは・・・)ではないので、普段と違う趣向の物を作るもの、新しい発見があって楽しかったです。

 

今回使用したカラーです

台車
 92 セミグロスブラック


車体下部
 027 ダークグリーン
 330 ダークグリーンBS281C/641
 GX2 ウィーノブラック


車体上部(幌)
 027 ダークグリーン
 330 ダークグリーンBS281C/641
 GX2 ウィーノブラック
 221ジャーマングレー


タイヤ(ゴム)
 137 タイヤブラック


タイヤ(ホイール中側)
 92 セミグロスブラック


タイヤ(ホイール外側)
 027 ダークグリーン
 330 ダークグリーンBS281C/641
 GX2 ウィーノブラック


マフラー、サイドミラー
 ライトステンレスシルバー


赤(ブレーキランプ)
 8 シルバーを下に塗ってから47 クリアーレッド


黄色 (反射板、ウインカー)
 8 シルバーを下に塗ってから48 クリアーイエロー


迷彩
 312 グリーンFS34227
 45 セールカラー
 43 ウッドブラウン
 33 つや消しブラック



 28 黒鉄色
 92 セミグロスブラック



 51 薄茶色(フレッシュ)


フィギュア台座
 GX1 クールホワイト 

写真です

 

今回は、こんな感じになりました。
汚し、ウェザリング等は一切なしで、普通に組んで塗装しただけの物になります。車両はいつも通りの感じで進んだのですが、1/72のフィギュアはこんなに大変なんだなぁって思いました。
まぁそれでも、多少はみ出しても、気にならないし、結構ごまかしてますが、初めてにしては、それなりにできたかと思います。
顔はちょつと微妙だけど・・・
そのあたりは、次への課題になるかと
家に1/35のフィギュア等があるのでその時に改善できるような技量を身につけないと組めそうにないけど・・・
それでも、ミニフィギュアは大変だけど、やっぱり面白いので、機会があれば、また挑戦したいですね

さて、次は、何を作ろう

BANDAI 1/100 ガンダムOO ガンダムキュリオス

BANDAIより2008年に発売されました、 1/100 ガンダムOO ガンダムキュリオスを作りました。
MG版が出るって事が分かったので、作り始めたのですが、発売には間に合いませんでした(笑) 周回遅れですね
まぁ家にはもっと周回遅れの積みプラもあるので、ちょっとずつ作っていきますよ。

とりあえあず、今回のコンセプトは、メタリックやパールを使った塗装をしてみようって事で、最近発売されたガイアノーツのプライマリーメタリックシリーズを使ってみたい!!ってことで、このキットを選びました。
まぁ失敗しても良いかなぁ~って思いつつ、どんな感じになるのか、ちょっと期待して製作に入りました。

使用カラー

本体白
 GX2 ウィーノブラックを下地で塗装後
 GX313 ホワイトシルバー
 GX208 GXラフシルバー
 GX1 クールホワイトをほんの少し

本体オレンジ
 038 プライマリーメタリックレッド
 040 プライマリーメタリックイエロー

本体黒
 GX2 ウィーノブラック
 8 シルバー

本体赤
 038 プライマリーメタリックレッド

アンテナ黄色
 040 プライマリーメタリックイエロー

武装グレー
 GX2 ウィーノブラック
 8 シルバー
 13 ニュートラルグレー

一部パーツにはGX213 GXホワイトシルバーを足して塗装


胸部、コックピット ダークグリーン
 GX205 GXメタルグリーン
 GX201 GXメタルブラック


すみ入れ+細かい所
 X1 ブラック
 X11 クロムシルバー
 XF19 スカイグレイ

今回使用使用したカラーです

本体白
 GX2 ウィーノブラックを下地で塗装後
 GX313 ホワイトシルバー
 GX208 GXラフシルバー
 GX1 クールホワイトをほんの少し

本体オレンジ
 038 プライマリーメタリックレッド
 040 プライマリーメタリックイエロー

本体黒
 GX2 ウィーノブラック
 8 シルバー

本体赤
 038 プライマリーメタリックレッド

アンテナ黄色
 040 プライマリーメタリックイエロー

武装グレー
 GX2 ウィーノブラック
 8 シルバー
 13 ニュートラルグレー
 一部パーツにはGX213 GXホワイトシルバーを足して塗装


胸部、コックピット ダークグリーン
 GX205 GXメタルグリーン
 GX201 GXメタルブラック


すみ入れ+細かい所
 X1 ブラック
 X11 クロムシルバー
 XF19 スカイグレイ

という感じで、今回のコンセプトに沿うように、塗ってみました。

写真です

相変わらずのポージングが下手ですいません。まぁ自分は作るのが好きで、完成したら興味なくなるタイプなので^^; 
今回は合わせ目けし等は一切していません、ただ、普通に組み立てて塗装しただけのものになります。
まぁガンダムの作品自体興味ない人間なので・・・
ロボットのプラモは好きだよ(笑)

ということで、今回はこんな感じになりました。思ったよりいい感じに出来たと思います、これで、クリアコートとかすると、光沢感が増して、派手になっりこの機体には合わなくなりそうなので、そのままです。たぶん、3か月ぐらいしたら少しくすむだろうけど、それはそれでいいかなぁ~って今は考えてます。

さて、次は何を作ろう・・・
最近新しいプラモやガレージキットを購入していないので、そろそろ買いたいが、積みプラもあるし悩みどころ

 

俺のッ!フィールド つくもたん

2012年のワンフェスにて俺のッ!フィールド さんより購入したつくもたんを作りました。

え~ 積みガレージキットです^^;
昨今の、コロナの影響であまり出かける事が出来ないので、積んでるプラモか、ガレージキットを組もうと思い、今回、これを選びました。
まぁいつも通りゆる~くやってますので、1か月以上かかってしまいましたが、それなりには出来たのでは無いかと そりゃプロの方々には足元にも及ばない出来ですが、自分なりに気に入っているのでOKかなぁ~って思っています。

 

使用したカラー

髪の毛
 CL101 LASCIVUS Aura ブロンド
 45 セールカラー
 151 ホワイトパール でコート

髪の毛先端
 GX104 GXクリアグリーン
 GX205 GXメタルグリーン

肌色
 CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
 CL03 LASCIVUS クリアーペールレッド
 CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

エプロン
 33 つや消しブラック

エプロン文字 裾
 エナメルX5 グリーン

ブラウス
 VO-06 ローズブライトレッド
 GX1 クールホワイト
 マスキングして47 クリアーレッド でコートして模様を

ベスト
 328 ブルーFS1505
 80 コバルトブルーを混ぜたものを基本色として
 基本色にGX2 ウィノーブラック を混ぜて陰影用
 GX1 クールホワイトでハイライト

スカート
 66 デイトナグリーン を基本色として 
 6 グリーン で陰影
 64 ルマングリーンでハイライト

スカートライン
 エナメルX1 ブラック

ニーソ
 GX2 ウィノーブラック
 GX1 クールホワイトでハイライト

髪飾り黒
 エナメルX1 ブラック

髪飾り縁
 64 ルマングリーン

PCケース
 GX2 ウィノーブラック

PCケース裏側
 11 ガルグレーに8 シルバー


 GX1 クールホワイトで白目を塗装後、アクリルガッシュで書き入れ
 クリスタル ジェル メディウムで盛り上げ、光沢だし

ツヤ調整
 GX114 スーパースムースクリアー
 GX100 スーパークリアーⅢ

まぁいつも通りの塗り方、画材でやってます。無いからってむやみに買いに行けるような状況じゃないので

完成写真です

つくもたん つくもたん つくもたん つくもたん つくもたん つくもたん つくもたん つくもたん

 

こんな感じになりました まぁよく見れば、結構荒いところがあるけど、なかなか難しいので、やるたびに少しずつマシになればいいかなぁ~って思っています。最初からうまくできる人はよっぽど居ないし、自分は出来ない方なので、まだ伸びしろがあるってことで(笑)

つくもたんかわいいですね
さて次は何を作ろう 積みプラを減らすか、ガレージキットを減らすか、依頼があればそれをやるけど、今のところは無いので、悩ましい

 

 

BANDAI HG 1/20 光武・改(真宮寺さくら機)

BANDAI HG 1/20 光武・改(真宮寺さくら機)を作りました

サクラ大戦懐かしいですね 高校時代にセガサターンでやった覚えがあり、つい気になって購入しました。
出来はやっぱり良いですね さすがバンダイって感じです。
残念な所として、光武自体は成型色である程度分かれているの塗らなくてもマシなのですが、搭乗キャラ塗ってないので、塗らないと可哀そうなことになります。
まぁキャラを乗せないのも有りだとは思いますが、せっかくなら載せたいよね タチコマの時はキャラ塗るの面倒だったから塗らずに居なかった事にしたけどね^^;

 

 

とりあえず使用したカラー
相変わらずバンダイは水性カラー推奨で指定も水性色になっているので、手持ちのカラーをラッカー等に置き換えて塗ってます

真宮寺さくら
 肌色
  CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
  CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジを少量混ぜる

 髪の毛
  328 ブルーFS1505
  GX2 ウィーノブラック

 リボン
  68 モンザレッド

 戦闘服白
  GX1 クールホワイト

 戦闘服ピンク
  63 ピンク

 戦闘服エンジ色
  63 ピンク
  68 モンザレッド

 戦闘服黄色
  113 RLM04イエロー
  109 キャラクターイエロー

 光沢調整
  GX114 スーパースムースクリアー

光武改 真宮寺さくら
 本体
  63 ピンク
  GX1 クールホワイト

  GX100 スーパークリアーⅢに
     151 ホワイトパールを混ぜて薄目にコート

 関節
  NP002 メカサフ ライト
  GX2 ウィーノブラック
  8 シルバー

 パイプ 剣の柄
  GX209 GXレッドゴールド

 パイプシルバー
  1001 ライト ステンレスシルバー

 剣
  VO-30 ブレイドシルバー

 剣の赤
  GE-07 蛍光レッド

 本体赤
  GX3 ハーマンレッド

 

写真です

とこんな感じになりました。

キャラ塗るんだ…ってちょっと萎えたせいで、2か月ぐらいかかってしまいましたが、無事完成しました~
まぁ今回は特に難しいところもなかったので、よかったです。

ガチャ並みのクオリティで良いから、あらかじめキャラを塗っておくと良かったような気がしますが、まぁコスト等もあるので、仕方がないのかなぁ~
でも、出来はいいので、皆さんも挑戦してみてください

 

さて次は何作ろう
コロナでなるべく外出したくないし、花粉症の事もあるので、この時こそ罪プラを作っていかねば・・・
まぁプラモはそんなに積んでないけど、ガレージキットはやばい・・・

作ろう

ハセガワ たまごガールズ コレクション No.05 “朝霞りお”(メイド)

ハセガワより発売された、たまごガールズ コレクション No.05 “朝霞りお”(メイド)を作りました。

まぁこいつはレジンキャストフィギュアなので、塗装が必須になります。
ちょっと業者抜きにしては、気泡があったりして、ちょっと残念でしたが、造形は良いほうだと思います。

 

使用カラー

肌色
 ベース
  CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
 陰影で
  CL03 LASCIVUS クリアーペールレッド
  CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

服白
 ベース
  GX1 クールホワイト
  UG01 MSホワイト を少量
 陰影
  11 ガルグレー
  73 エアクラフトグレー

服黒 ブーツ
 ベース
  GX2 ウィノーブラック
 陰影
  GX2 ウィノーブラック
  116 RLM66ブラックグレー
  73 エアクラフトグレー

髪の毛
 ベース
  CL104 LASCIVUS Aura ピンクパープル
 陰影
  GX1 クールホワイト
  63 ピンク

アクセサリー
 X1 ブラック


 アクリルガッシュにて

ツヤ調整
 GX100 スーパークリアーⅢ
 GX114 スーパースムースクリアー

特に面倒な事も無いので、いつも通り作って塗装すれば完成します。

 

写真です

こんな感じになりました。
色見本だと、もう少し肌の色が濃い目で、髪の毛もそれに合わせて、きつめのピンクでしたが、柔らかい感じにしています。
とりあえず、今年一発目の模型でしたが、それなりにうまく出来たかなぁ~って思っています。

 

さて次は何を作ろうかなぁ~

BANDAI ぷちりっつ アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕

今回は、前回に引き続きBANDAI ぷちりっつ アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕を作りました。
まぁ結局、ぷちりっつシリーズを買ってしまいました^^
今回も色指定は細かく書かれておらず、なんとなくで塗ってます
そもそも箱絵と完成見本があってないしね(笑)
プラモって結局自分の好きなようにすれば良いと思うんですよ

使用カラー

髪の毛
GX1 クールホワイト
311 グレーFS36622
334 バリーグレーBS4800/18B21


CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

鎧本体
328 ブルーFS1505
71 ミッドナイトブルー

鎧赤
100 マルーン
67 パープル
68 モンザレッド

服黒
GX2 ウィノーブラック
328 ブルーFS1505

服黒艶消し
GX1 クールホワイト
182 スーパークリアーつや消し

鞘紫
5 ブルー
47 クリアーレッド

剣シルバー
プレミアムミラークローム

剣赤
7 蛍光レッド

旗グレー
11 ガルグレー
334 バリーグレーBS4800/18B21
GX1 クールホワイト

眼、旗の模様はシールを使用

写真です

今回は、完成見本の段階で、髪の毛の肉抜き穴が見えていたので、パテで埋めてます
後は、一部合わせ目消し等をしています。
塗装はいつも通りです。
眼と旗の模様は付属のシール(テトロンシール)を使っています。
テトロンシールって曲面に貼るのめっちゃ大変なのね・・・皺が出来て貼り直そうと剥がしたら、伸びるし 水使って貼るべきだったね 今後の課題だな

とりあえず次は何を作ろう

 

BANDAI ぷちりっつ シールダー/マシュ・キリエライト

BANDAIから発売された ぷちりっつ シールダー/マシュ・キリエライトを作りました。
先日発売されたCL105 LASCIVUS Aura ライラックのお試しにちょうど良いキットだったので、塗料を買うついでに、買ってみました^^

まぁ本当は、使わない塗料は買わないで、必要な時に買うほうがいいんだけど、結構まんべんなく?(車、バイク、AFV、キャラ、ロボ)作っている自分としては、今回のカラーはどうせキャラ物で使うという言い訳で、買っちゃいました。

いや~怖いね リアル店舗は・・・
こうして塗料やプラモが増えていくんだよね・・・

 

 

え~とりあえず今回はぷちりっつシリーズに初挑戦、購入した時点では2つ発売されてましたが、これを書いている時には、さらに追加されて3つになっているみたいです。

最近バンダイさんもキャラクター物に力を入れてきているのか、こういった物がちょこちょこ出てますね

良いことです

で、今回のキャラ正直よくわからないですFGOのキャラらしいが、やってないしFateはPCゲーで止まっているので・・・
そもそもこんなキャラいたのかすら覚えてないし セイバーが出ないのか期待しているぐらいで、まぁあまりモチベーションが上がらないけど、色のテスト用として作りました。
とりあえず、キャラは関節が少ないためか、そんなに動きません・・・
でも、値段考えたらこんなもんでしょ、他社の某メーカーなら倍以上の値段になっているだろうし
そして、説明書のカラー設定適当すぎ、もう少し考えてほしい 箱絵見てもよくわからないし、謎のふくらみやモールドがあるしちょっと混乱しつつ、何となくで塗装しました。
まぁ違ってたらゴメンナサイ

 

使用カラー

髪の毛
CL105 LASCIVUS Aura ライラック
CL104 LASCIVUS Aura ピンクパープル

肌色
CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

鎧黒
GX2 ウィーノブラック
13 ニュートラルグレー

鎧紫
AR-05 ルミナスパープル
67 パープル

シールドグレー
13 ニュートラルグレー

シールド裏
43 ウッドブラウン

シールドシルバー
X11 クロムシルバー

シールドブルー
5 ブルー
AR-05 ルミナスパープル

今回、なんとなく鎧の紫部分を蓄光塗料にしてブラックライトを当てると光るようにしてます。 まぁこれも、今ある色を使っていかないと計画の一つです^^

 

写真です

ブラックライトを当ててみました

禍々しさが出てます(笑) どんなキャラなのかわからないので、
設定壊してたらゴメンナサイ
こういうのも有りだよね

 

 


とりあえず、他のゲームやアニメのキャラも展開してやってくれれば、今後に期待できるシリーズだね
バンダイの方向性なのか、塗装を推奨していないのか、もう少し設定を説明書に書いてくれると作る方としては嬉しいかな
まぁ塗装する人が少なくなってきて、難しさを極力排除して、手軽に出来ますよっていう感じにしないと、買わないのかなぁ~

 

さて次は何を作ろう

 

BANDAI HGPG 1/144 プチッガイ きゃらっがい サラ

BANDAI HGPG 1/144 プチッガイ きゃらっがい サラを作りました。

以前きゃらっがい フミナを作っているので、買おうか迷いましたが、何となく買ってしまいました^^;

買った以上作らないとねってことで、サクッと作りました。
まぁ巣組でもいいのですが、一応ちょっと塗装してます 目と鼻は面倒なのでシールを貼ってますー^^

使用カラー

本体ホワイト
GX1 クールホワイト
35 明灰白色(半光三菱系)

本体グレー
35 明灰白色(半光三菱系)
13 ニュートラルグレー


CL01 LASCIVUS ホワイトピーチ
CL04 LASCIVUS クリアーペールオレンジ

髪の毛
323 ライトブルー
74 エスペリオリティブルー

全体にGX114 スーパースムースクリアーをコートしてつや消しに

写真です

 

以前作ったきゃらっがい フミナと並べてみました

さらにプチッガイ フューチャーピンクを追加

いつも通り、普通に塗装
最初Twitterに投稿したときはつや有り状態で、まぁ良いかなぁ~って思っていたのですが、他のと比べた時に、ちょっと違和感が出たので、結局半つや消し状態にしています。

このシリーズは、今後も、また作って増えていく可能性があるので、どこまで増えるか、ちょっと心配

きゃらっがい モモ結局買ってないし

う~ん悩ましいところ まぁその時はその時で

ハセガワ “羽澄れい”(メイド) w/ フォッケウルフ Fw190A

ハセガワ たまごガールズ コレクション No.08 “羽澄れい”(メイド) w/ フォッケウルフ Fw190A を組みました。何とか3月中に終わってよかったです。

今回のプラモデルは従来のたまごひこーきにデカールとレジン製キャラクターを追加したものになります。まぁ自分としてはキャラクターの方がメインで、飛行機はオマケって感覚です。
だって、たまごひこーきは30年以上前の金型の再販だしね
まぁそれでも、ちゃんと飛行機のプラモを作ってからキャラクターを作って両方作ります(笑)

放置して罪プラや部品どりで可哀そうなことになるのは忍びない
買った以上は作らないとね

Fw190A は金型が古いせいか、バリ等がありましたが、たまごひこーきなのでデフォルメされており部品点数が少ないので、簡単に組めますし、塗装もそこまで面倒なところは無かったです。
レジンキャラはまぁいつも通り湯口を切ってバリ処理して、パーティングラインを軽く処理して、サフ吹いて塗装していくだけです。
眼のデカールも入っていたので、特段難しくはないかなぁ~って感じでした

使用カラー等
FW190A
機体色黒
GX2 ウィーノブラック

機体色白
GX1 クールホワイト

機体色赤
GX3 ハーマンレッド

プロペラ主脚等シルバー
GP-08 プレミアムミラークローム

プロペラゴールド
SM02 スーパーゴールド

タイヤ
137 タイヤブラック

コックピット内装
116 RLM66ブラックグレー


レジンキャラ
髪の毛
41 レッドブラウン
GX2 ウィーノブラック
107 キャラクターホワイト

服白
107 キャラクターホワイト
  陰影用に少し
  323 ライトブルー
  31 軍艦色(1)

服黒
GX2 ウィーノブラック
  陰影用に少し
  31 軍艦色(1)

ニーソ
1 ホワイト 肌色塗装後、重ねる感じで


92 セミグロスブラック
31 軍艦色(1)

オボン
GP-08 プレミアムミラークローム

カチューシャ赤
108 キャラクターレッド

ケーキ
アクリルガッシュで塗装

半光沢としてGX114 スーパースムースクリアーを適時使用

目にはいつも通りクリスタル ジェル メディウムで光沢と盛り上げ
一部にエナメルで陰影強調の為にウォッシングしてます

写真です

キャラは自立しなかったので、両面テープでプラバンを下に張り付けて、何となく固定させてます。 本当は塗装前に仮組して ちゃんと調節したほうがいい(ちゃんと自立するかはわからないけど)のでしょうけどまぁ、いつも通りなぁなぁなので(笑)

こういうキャラ付きのは3個目でしたが、 小さくて塗りづらいけど、プラモの横に置いて飾るにはちょうどいい感じですね なぜメイドなのかは謎ですが・・・
ちょっと気になってた、コトブキ飛行隊のはアクリルスタンドなのでちょっと買う気が失せてます。

アクリルスタンドは正直いらないから、レジン製のキャラ付けてほしかったよ
さて次は何を作ろうかなぁ~