タグ: ドメイン

一週間のつぶやきダイジェスト for 2009-10-25

  • 久々に国家Dのアルカに行ったけど 敵こんなに強かったっけ? #
  • 寒い 寒すぎる 流れ星を見ていたから風邪を引くよ>< しかも、空が曇っていて、見えそうに無い 残念 #
  • 寒いそして、カメラと携帯のバッテリーが無くなりそう><#オリオン座流星群 #
  • 流れ星キターしかも、連続北北東のあたり #
  • Windows7 出たけど、しばらくは様子見かな #
  • Co.CCのサイトにやっとアクセスできた 仕様が変わったのか、登録してあるサブドメインが個人使用なのか聞いてきた #
  • 国家D アルカトラズにGO #
  • えっ 敗北したの? まだ始まって10分経ってないのに #
  • これが国家の差か… 国家によって仕切り方の違いが有るけど、ここまでひどいのは>< #
  • 来週は戦争か… #
  • まゆみん名古屋に来てたの>< 知らなかった #
  • 寒い>< #

バリュードメインがサービス拡充へ

近日中にバリュードメインのサービスが拡充されるそうです

属性型JP(CO.JP)ドメイン名を含め、10数種類のドメインの追加
汎用JPドメインの値下げ
日本語JPドメインのキャンペーンの終了と通常価格の値下げ
決済時のカード認証、セキュリティ強化
コンビニ決済の追加
一部のドメインの割引キャンペーン

まッ 良くなる分にはいいことなので、これからも期待したい

ニュースリリース

http://www.value-domain.com/info.php?action=press&no=20091003-1

 

出来れば、サーバーの安定化と無料サーバーを再開して欲しい~

MODx

MODxというCMSを使ってWebサイトを構築してみた。

というより、入れただけなんだけどね
一応自分のマシンではアクセスできましたが、DNSが未だ浸透していないので、サイトがちゃんと表示されるか分からないです。

とりあえずやったことはCo.ccでドメインとって、000Webhostでサーバー貸りてMODxをインストールして動かしてみたけど、劇重

管理画面に入るとDBエラーで、まともに動かない。
再インストールしても、相変わらず×
以前000WebでWordPressを入れたときにも、DBでよくコケタから、MODxはそれ以上に重いってことなのかな

つかえね~
とりあえず、MODxを使ったサイトは近日中に消します。
だって重すぎてまともに編集できないから><

CMSってやっぱりどれも全体的に重いよね
共有サーバーじゃなくて占有サーバーに入れないと駄目かな
XOOPSは、微妙だしDrupalは重いし、Joomla!はテンプレートが少なく日本語情報が少ないし

SiteMix

SiteMixは無料で使えるWebスペースです。

広告が入りますが、1.5GBのスペースがあるので、ちょっとHPを公開するのにもってこいかと

WordPressも2.7がインストールされますし、自動アップデートも可能なので、このあたりは良いかと
また、1ファイルの制限が10MBと、無料の割には大きいファイルが置けるので、倉庫にするのもアリかな
ただ、CGI使えないから、倉庫スクリプトは動かないです。

 

とりあえず、気になったことは、サブドメインを選択した場合、後から独自ドメインに変更できない。
そして、1サーバー1000人ぐらい収容しているので、サイトが重い
特にMySQLのリクエストで、たまにエラーが出ます。 TOK2系特有の症状?

あと、PHPは使えますが、CronとSendmailが使えません。またsafe modeが有効なので、ファイル作成させる場合は注意が必要です。

最大の難関はPhpMyAdminが使えません。そして、PhpMyAdminのWordpress版も、もちろん使えません。
なので、MySQLを自由に弄れません。多分このあたりはハッキングされた時に対策したのかな
まぁFTPが使えるので、テーマやプラグインの追加とかは簡単に出来ます。
ただし、データーベースに設定を保存するテーマやプラグインが使えませんので、かなりダメかも

 

まぁ無料って事で、広告が、これ以上大きくならずに、機能もこのまま維持できれば、国内では比較的良いWebスペースだと思います。
ただ、この機能だと、海外の無料サーバーの方が、自由度が高いので、英語が苦にならない方は、海外の無料サーバーを探してみるといいでしょう。

SiteMixで作成したサイトは消します。 だってXREAの方がかなり使い勝手がいいからね

日本語TLDとして.日本を登録させるようです。

TLD(トップレベルドメイン)は .jp .com .org .net など、URLに付くもので、団地や地域、企業など表していることが多いもので、

このたび、日本語TLDとして .日本 が選ばれました。
正式に使えるようになるのは早くて年末になりそうですが、まぁどうせ更新料が年間3000円以上取られるんでしょ
.comなら1000円ぐらいで取れるのに、企業努力して価格下げてよ マジで!!

どうせなら .日本国 .愛知 .東京 .秋葉原 などのドメインもあっても面白いのにね

そういえば、日本語ドメインってUnicodeをPunycode変換してASCIIにしているだけだよね
ということは、.日本も 変換されて.xn—wgv71a になるって事なのかな?
もし、そうならアドレスが長くなるから、パケットが増えるじゃん 通信量増やしてどうするんだろ?
ディレクトリも、そういうこと可能になるんだよね さらにパケットが増えるよ そして、名前付けのルールが無視されてわけが分からなくなる
管理大変だろうなぁ~

しかも、日本語IM(インプットメゾット(日本語入力システム))が無かったら、URL入力入力できないじゃん

逆に、日本語使えても、ロシア語やポルトガル語の時どーすりゃいいのさ 見るなって事?それとも、従来のASCIIだけのドメインも取得しないと、使えないって事?

おもしれ~ そして使えね~

まぁ始まっちゃってるから、今更言っても仕方が無いんだけどね
そういえばWin98等の古いOSって文字コードUnicodeじゃ無かったよね 確かシフトJISだったけな
古い環境は捨てろって事なのかな?

いまのところ日本語ドメインを入力する機会が無いから、良いけど、今後どうなるかな?

10月よりKATCHもOP25Bを導入

今更って思うけど、Katchもついに、OP25Bを10月より導入することになったようです。
ただ、自鯖なんか立ち上げている人にとっては、めんどくさくなるなぁ~って感じです。
あと、Gmail等のプロバイダー以外のメールを使って送信する場合も影響受けるから、設定しなおさなきゃ

混乱がおきなきゃ良いけどね

しかも、送信者アドレス制限も4月から導入(←4月に入ってからメールで説明されても…)
Katchのメールサーバーで、独自ドメインのメール送信とか出来なくなるじゃん

ということは、10月までは、他のメールサーバーに設定して、10月からは加えてポート変更で何とかなるかな?

はぁ~ めんどくせー
かなり設定変えないといけないジャン

まぁそれだけ迷惑メールが多いってことになるんだけど、結局法律で取り締まっても、意味が無かったし
現行のメールに変わるシステムを早期に作るべきでは?

Windows Live アドミンセンター

先日のGoogle Appsに続く第2弾として、Windows Live アドミンセンターに挑戦←登録するだけなので、簡単ですけどね

では、前回に引き続きco.ccでサブドメインを取ります。
前回と同じ方法を取ると、co.ccではDNSの設定でTXTレコードが使えないので、このBlogのドメインを取ったVALUE-DOMAINのDNSを使います。
ただ、VALUE-DOMAINではSRVが使えないので、残念ながら、Messengerは使えません。でも、自分は使わないので別にいいかな
もしどうしても使いたいという方は、SRVレコードが使えるDNSサーバーを探してください。
海外になら有りそうだけど

VALUE-DOMAINにログインして、「メニュー」の「他社で取得されたドメインと新規管理」を押して、co.ccで取得したサブドメインを入れてください。
そして、co.ccにアクセスして、「ドメイン設定」から、ドメインを選んで「Manage DNS」でNameServerの設定をVALUE-DOMAINのNameServerに変更してください。
ns1.value-domain.com と ns2.value-domain.com でOKかと

 

次に、Windows Live アドミンセンターにアクセスして、ドメインの新規登録を押し、co.ccで登録したドメインを入力続行します。

すでにHotmailのアカウントがある人は、そのアカウントを入力してください。無い人は、適当に作ってください。

登録が完了すれば、MXレコード等の設定をします。

表示されたMXレコードやTXTレコードをVALUE-DOMAINのサイトへ行って入力します。
あとは、設定を間違えていなければ、24時間以内に関連付けされると思います。

これで完了です。

お疲れ様でした。

 

先日作ったGoogle Appsと今回作ったWindows Live アドミンセンターの両方はいらないかな。
まぁ捨てアドを自由に作れるって事で、納得するぐらいしか…

Google Appsとco.ccドメインで自分専用のメールを作る

co.ccドメインは、サブドメインが取れるサービスです。
サブドメインによっては有料の場合もあるようですが、無料で取れる物もあるので、どうしても、無料で取りたいって言う人には良いかも知れません。
ただ、サービスが突然終了や有料化等がありうるので注意しておいた方が良いかも知れません
一時的に利用するなら、ちょうどいいかな

ということで、今回、なんとなくco.ccでサブドメインを取ってみたので、前から気になっていた、Google Appsを使って無料でメールアドレスを作ってみようと思います。Microsoftも同様のサービスを行っているので、気が向いたら挑戦してみます。

 

まず、co.ccにアクセスします。
で。自分の取りたいサブドメインを入力します。

 aa
年間ドメイン登録料は $0となっていれば無料ですので、「登録を続ける」を押して
会員登録をして、登録を完了させてください。
登録後2日以内にDNS登録等をしないと消えるというメールが来ます。

 

 

サブドメインを作ったら、今度はGoogle Appsで、メールの設定を行います
普通に使っている分にはStandard Editionで十分だと思うので、Standard Editionを選び、

●管理者: このドメインを所有または管理しています にチェックを入れ、先ほど作成したサブドメインを入力します。このときwwwは不要です。
で、後は必要な情報を入力して、登録してください。

登録が終わったら確認のメールが来ます。

 

これで、下準備は完了しました。

あとは、サブドメインとGoogle Appsの設定をします。
まず、Google Appsで、「ドメインの所有権を確認」を押します。
そこで、CNAMEレコードを変更を選び、次の文字列を使用して新しい CNAME レコードを ***.co.cc ドメインに作成:の後の行の太字で書かれた文字列をコピーします。

そして、co.ccのドメインの設定画面に入り、取得したサブドメインの横に書かれている 「設定」を押します(2つあるけどどっちでも良い)

そして、また設定を押し、今度は3. URL Forwardingを選択し、Google Apps Email Setupをチェックすると下記のような画面が出ます。

ab

そこで、先ほどコピーした文字列を、CNAME record (received from Google) :の後のテキストボックスに入力します。もし、URLが入力されていないと警告が出たら、自分のURLを入れてください 自分はYAHOOのアドレスを入れました。

で、今度は、Google Appsに戻り確認してください。
Googleが確認できたら、メールを有効にするを押して、「指定された手順を完了しました」を押せば、1時間ぐらいで完了します。

これで、終わりです。

あとは、自由にアカウントを作って楽しんでください。

 

お疲れ様でした。

Windows7は6つのエディションで販売

Engadgetによると

Windows 7 Starter

  • OEM対象のプリインストール用。
  • Aeroなし。新タスクバーやジャンプリストといったUI改良はあり。
  • 従来のスターターとおなじく、同時起動アプリは3つまで。

Windows 7 Home Basic

  • 新興市場向け限定
  • Aero なし

Windows 7 Home Premium

  • OEMおよび小売向け
  • Aeroあり
  • マルチタッチ対応
  • 「プレミアム」ゲーム入り
  • Media Center、DVD再生、DVD作成
  • ホームネットワークグループの作成

Windows 7 Professional

  • OEMおよび小売
  • Premiumの全機能
  • 加えて、ネットワーク機能の強化(リモート デスクトップのホスト、オフラインフォルダ、ドメインなど)
  • モビリティ センター
  • プレゼンテーションモード

Windows 7 Enterprise

  • ボリュームライセンスのみ。小売パッケージなし。
  • Professionalの全機能
  • 加えて、ブランチキャッシュ
  • ダイレクトアクセス
  • BitLocker 暗号化

Windows 7 Ultimate

  • OEMのハイエンドPCプリインストールおよび小売パッケージ。限定版。
  • Enterpriseのものを含む全機能

となるようです。

Windows 7 StarterはEeePCなどのネットブックやUMPCなどに格安で搭載されるだけでしょう。でも3つしか起動できないって、ウイルス対策、ファイヤーウォールを入れたら、あと1つってことになってしまうのでしょうか?それとも、ウィンドウを開くソフト上限なのかな?
まぁネットブックにはLinuxの方が、合うように思えるが、普段使い慣れていないとダメだからなぁ~

Windows 7 Home Basicは新興市場って事で、日本では、まず発売されないだろうし、Windows 7 Enterpriseはボリュームライセンスって事で、企業向け中心だから、実質、日本では普通に手に入れれるバージョンはWindows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimateの3つとなる。

まぁ、3つの中で、一番多く売れる(メーカ製PCに搭載される)であろうWindows 7 Home Premiumでも、AeroやDVD再生等が出来るって考えると、Vistaのときより混乱が少なくてすみそうだ。
というか、Home Premium以上を選ぶ強みが無いのが残念だ。

DSP版のライセンスの扱いが、どうなるか心配だねVistaも当初かなりおかしなことを言って撤回された節があるから、今度も同じようなことにならないことを祈りたい。

後は販売価格がどれだけ安くなるのかだが、たぶん現状維持になるだろうなぁ~

そしてWindows7発売から3年後に新しいOSが出る…

XPのメインストリームサポート期限まであと69日(機能追加とセキュリティアップデート)
延長サポート期間 終了日まで1,889日(セキュリティアップデートのみ)

期限は着実近づいている。
今我々はWindows7かLinuxか選択の時に来ている