カテゴリー: Linux

Linuxについて書かれた記事

puppy linux をUSBメモリから起動させる

古いPCをどうにかして再生させるっていうとWindows9xだとサポートがないしウイルス等が怖いよね
かといって最近のlinuxは重いし
Ecolinuxでも問題ないのだけど、どうせなら、使ったことがないものを入れてみたいので探したら、puppylinuxというのを見つけました。

ダウンロードしたCDイメージのサイズは108MBとEcolinuの308MBと比べても、かなり小さいです。これならPCのメモリーにすべて収容されてしまいそうです。

ということで、早速試してみました。
デフォルトで、日本語が使えますし、ソフトも日本語化されており、最低限のソフトは入っているので問題ないかな。
多分Ecolinuxより軽いです。

 

まぁ堪能したところで、USBメモリから起動させる方法を探したところ、かなり出てきますので、探してください

でっ終わらせるのも面白くないので、適当に書いておきます。

 

CDイメージの中身をUSBメモリにコピーします。(デーモン使うなりWinRARで解凍するなりすれば良いです)
ISOLINUX.BINを削除します。
ISOLINUX.CFGをsyslinux.cfgに改名します。
syslinux.cfgを開いてappend initrd=initrd.gz pmedia=cdを
append initrd=/linux/puppy/initrd.gz pmedia=usbflashに変更します。このときメモ帳でやらずにEmEditerやTeraPad等の文字コードが指定できるテキストエディタを使ってください。

 

コピーしただけでは、動かないのでブートローダーを入れます。
sysklinuxここからダウンロードして解凍して下さい。
必要なファイルはWin32のフォルダのsyslinux.exeだけなので、syslinux.exeをCドライブにコピーしてください。
そして、コマンドプロンプト(CMD)を起動させ、c:syslinux -ma USBメモリのドライブ名: 最後のコロンを忘れないで!!
ex) USBメモリがFドライブの時はc:syslinux -ma F:

でインストール完了です。
あとは、起動したいPCのBIOSのBoot順をUSBが起動ディスクより上位になるようにしてください。

 

ここまでやって気付いたけど、家のノートPCがUSBブートに対応していなかった…
別のデスクトップPCでは起動したので、上記のやり方で出来る
plpbt使ってFDかCDからUSB起動させることも出来るようだけど、それはまた次回にでも
というか、PLoP Boot Managerをダウンロードして、isoファイルをCDに焼いて起動させるだけだから、書かなくてもいいよね

ZEN用動画変換

Windowsで、CreativeのZen用に動画を変換する時、付属のCDに入っているソフトを使えば、簡単に変換できるけど、DVDから直接変換が出来ないから、一度変換してから、再度変換するぐらいしか方法はなかったので、探してみました。

公式ページ
実は、このソフトiriverterはUbuntuでZEN用に動画変換する時に使っているソフトのWindows版です。
Ubuntで動かした時と変わらない、シンプルなインターフェースです。
英語表示ですが、問題なく使えると思います。ただし、ファイル名やファイルパスに日本語が含まれると正常に変換できません。まぁ日本語のファイル名やファイルパスを使わなければ問題ないです。
Ubuntuでは問題なかったので、Windows版特有の問題なのかな?
肝心の動画変換は、ZEN以外にも、irever、iAUDIO、ipodに対応しています。

まぁ、このまま使ってもいいのですが、日本語のファイル名が使えなのは不便なので日本語が問題なく使えるバージョンを探したら、ありました。
こちらです。
ちなみにソフトを作っている人は、どうやら同じ人です。
こちらは、日本語のファイル名やファイルパスに対応していますが、残念ながらipodには対応していません。
00

使い方は、「Option」の「Device」より、変換したいポータブルプレイヤーを選びます。
次に「Option」の「Video Size」完成時のビデオサイズを選びます。
最後に、「Option」の「Bitrate」で、ビデオと音声のビットレートを指定します。ここで、出来上がりの画質、ファイルサイズが決まりますので、自分で、納得できる設定を見つけてください。
これで、基本設定は完了です。

あとは、DVDなりビデオファイルを読み込ませて、convertを選び、終わるまで放置です。

このソフトは、手軽に変換したい人には、ちょうどいいソフトだと思います。

管理人のZEN用オススメ設定は、
Video 900kbps
Audio 128kbps
Video Size 320×240
この設定だと、30分で100MBぐらいになります。

UbuntuのIPv6を無効する方法

UbuntuのIPv6を無効する方法

$ sudo vi /etc/modprobe.d/aliasesで開き
下記をコメントアウト
# alias net-pf-10 ipv6
下記を追加
alias net-pf-10 off
alias ipv6 off
で良いみたい

viを使いたくない人はgEditで行っても問題ないです。
その場合は $ sudo gedit /etc/modprobe.d/aliases

あと、FireFoxもIPv6対応する必要ないから、切りました
FireFoxを立ち上げアドレスバーにabout:config を入力
network.dns.disableIPv6の項目の値をtrueに変更し、再起動

変更したけど、あまり変わらないような気がする。まぁいいか

Fedore 10入れちゃった

Fedora 10を結局入れちゃった。
意外と早く、ミラーサーバーに上がったので、寝ている間にダウンロードしてFedora 10を入れました。
しかし、DVDイメージは時間かかってしょうがないねUbuntuみたいに1CDで収まらないのかな?
どうせ、ほとんど使わないパッケージが大量に入っているのだから…
もしかして、ライブCDをダウンロードした方がよかったかな?

まぁとりあえず、問題も無く普通にインストール出来たので、OK

スクリーンショットを見て分かるようにX環境がGNOMEなので、デザインや、色合いに多少違いがありますが、
この辺りはどのLinuxもそんなに変わらないです。
まぁこんな感じですね。あとは、アプリを入れるときが、分かりづらいし、基本的には、Mp3や、DVD関連のソフトが入っていないので、入れないと使えません。その時、日本語の情報が少ないのでちょっと大変です。
Windowsとは違って、Linuxは、問題が起きたら自分で問題解決しないと使えないって割り切ってるから、これが普通なんだろうけど、これじゃあ、普通の人は、Windows使うよね
あと、仮想PCで動かしているからだと思うけど、3Dディスクトップが機能しない…
それともスペック不足なのか、全体的にもっさりする。
Fedoraは汎用Linuxって事になっているけど、権限の厳格化や、ファイヤーウォールを標準で備えており、どちらかと言うとサーバー向けとして、重点を置かれて開発されているように感じた。そして、デスクトップ環境としても使えるよって感じです。Ubuntuと方向性が逆なのかな

まぁこれはこれで悪くないけど、俺はデスクトップ用途で使うからUbuntuの方が使いやすい。

ちなみに今はXubuntuで、この記事を書いています。

Dr.WEB のLiveCD版が出ました。

Dr.Webといえば、インストール不要のウィルス対策ソフトDr.WEB CureIt! がありますが、Windowsが動いていないと使えないと言う欠点がありましたが、今度はLiveCD版が登場しました。
これで、Windowsが動かなくても復旧できるかも
Linuxと、Linux用のスキャナを利用して、FAT、FAT32、NTFSでフォーマットされたドライブが検査できるようです。(暗号化されたドライブは検査できないそうです。)

ダウンロードはこちら

 

ファイルサイズが65MBでディスクトップ環境にKDEを使ったLinuxです。
日本語化されていないのが残念ですが、DrWebのスキャナーが最初に立ち上がり、FireFoxとメールソフト、ファイルマネージャーが入っています。
復旧できなかった場合、ファイルマネージャーで地道に別の場所にコピーすれば出来ないこともないけど、他のPCにデーターを移せるようなソフトも入れて欲しかった。
まぁ少々荒削りの感はありますが、無料で使えるってことを考えると、十分な機能を持っているとおもいます。

Fedora 10がリリースされました。

Fedora 10無事リリースされました。
公式ページもちゃんと書き換わっています。
まぁミラーサーバーやリングサーバーにいきわたるまで、しばらくダウンロードは控えましょう。

自分は、試そうか思案中
FedoraはもともとRed Hat Linuxの後継の為の、実験的な要素が強いディストリビューションだし、どちらかと言うと、ディスクトップ環境よりサーバー向けだから、使いづらそう
だから、自分的には、来月の18日にリリースされる予定のOpenSUSE 11.1の方が試してみたいかな
でもRedHat系列も触ってみたいし、難しいところ
多分入れても仮想PCかな~
実機は今のところUbuntuで十分

やる気があったら、Linux初心者からのレビューを書くかも

Fedora 10

Fedora 10 のリリーススケジュールによると、今日リリースされることになっています。
多分現地時間だから、日本では、明日ぐらいになるのかな
FedoraはRingサーバーで配布されるからダウンロードが楽で良いんだけど、
UbuntuとかOpenSUSEとかも配布してくれないかなぁ~
Torrentで落とすとプロバイダの規制で時間がかかるし、配布した日はFTPやHTTPだと辛いしね
何かダウンロードするのにいい方法無いものかね

最近メインマシン動かしてねぇ~

メインマシンの電源入れたらVGA反応しねぇ~
どうなってるの!!もう!

最近サブマシンやノートPCでUbuntuを夢中で弄っていたので、メインマシン触ってなかったせいかな

冬だから、たまには動かさないと、グリスが固まっちゃうね
と言うかメインマシンの用途を考えないと今ZENの転送とゲーム(ここ半月ぐらい動かしてない)、絵を描くぐらいにしか使っていなかったからなぁ~
大体、ノートと、サブのデスクトップで十分なんだよ
マシン複数台あってもね

年賀状の季節だからそろそろ親が使うぐらいか…