カテゴリー: Linux

Linuxについて書かれた記事

KNOPPIX 6.0.1 日本語版

オリジナルのKnoppix 6.0.0は1月27日にリリースされていましたが、日本語化されたバージョンがリリースされました。

いつの間にか出ていたって感じですが仮想環境で試してみました。

公式ページによると変更点は以下のとおりです

  • オリジナル6.0.1での変更点
    • Debian/lennyをベースに一から再作成
    • ブート処理を MicroKNOPPIX へ変更
      • ハードウェア認識と設定に高い並列処理を持った新しいブートプロセス
      • udevの処理がネックであるが5.*に比べて半分の時間を達成
    • LXDE を標準デスクトップに
      • 読み上げソフトOrcaとの相性を確保
    • ADRIANEの搭載 (bootオプションで adriane)
      • オーディオデスクトップを実現
    • OpenOffice 3.0.1
    • Iceweasel 3.0.6
    • CDに合うようにソフトウェアを大幅削減
    • NetworkManagerの搭載
      • “flash-knoppix”: 起動可能なUSBストレージの作成
      • (注:SATA HDのインストール候補になるので注意して下さい)
  • 日本語化としての変更
    • LCAT適用による高速化
    • IceweaselおよびOpenOffice.orgに適用し、高速起動を実現
    • 基本的な日本語化とメッセージを含めた環境の入れ替え
    • IPAフォント、SCIM+Anthyを収録
    • 全体の処理を見直し /etc/init.d/setup_ja に集約

    公式ページ
    http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/

    (さらに…)

  • Debian 5.0をインストール

    Debian 5.0がリリースされたので入れてみました。

    DVD版を落とそうと思ったのですが、4.4GBあるので、CD版を落として入れてみました。
    まぁ、ネット環境があるマシンにDebianを入れる場合は、ネットワークインストール版かCD版を選んで、なるべくダウンロードサーバーの負荷を軽減させると良いと思います。

     

    (さらに…)

    UbuntuにOpenOffice 3.01をインストール

    以前Ubuntu8.10に普通のOpenOffice3.00を入れましたが、Go−oo版のOpenOfficeに入れ替えたいと思います。
    まぁ入れ替えなくても問題ないけど、Go−oo版の方が高速起動するので...

    ということで、その方法です。

    SynapticパッケージマネージャよりOpenOffice関連のファイルを検索してすべて削除

    下記のリポジトリを追加
    Ubuntu8.10
    deb http://ppa.launchpad.net/openoffice-pkgs/ppa/ubuntu intrepid main
    deb-src http://ppa.launchpad.net/openoffice-pkgs/ppa/ubuntu intrepid main
    Ubuntu9.04は初めから入っています。
    Ubuntu8.04
    deb http://ppa.launchpad.net/openoffice-pkgs/ppa/ubuntu hardy main
    deb-src http://ppa.launchpad.net/openoffice-pkgs/ppa/ubuntu hardy main

    公開暗号鍵(PGP)はここから、持ってくる
    http://keyserver.ubuntu.com:11371/pks/lookup?op=get&search=0x60D11217247D1CFF

    Synapticパッケージマネージャよりopenoffice.orgとopenoffice-help-jaを検索しインストール付随して指定されるものもインストールすること
    これで、インストールはOKです。

    で、OpenOfficeの起動を早くしないと入れた意味がないので、
    何でも良いので、OpenOfficeを起動させます。
    メニューバーの「ツール」より「オプション」を選びます。
    オプションメニューの「OpenOffice.org」の「メモリ」で、systray クイック起動を有効にするにチェックを入れ「OK」を押せば完了です。
    なお、Ubuntu8.04,8.10,9.04にデフォルトで入っているOpenOfficeでも、上記のクイック起動オプションは有効ですが、本家版ではこのオプションがないので使用できません。

    Ubuntu 9.04 Alpha4

    Ubuntu 8.10Ubuntu 9.04 Alpha4を入れてみました。

    メモる必要も無いかもしれないけど一応
    まず、Ubuntu 8.10を起動します。

    Alt+F2を押してアプリケーションの実行画面を出し、”update-manager -d”と入力します。
    すると、アップデートマネージャーが起動しますので、9.04へアップデートと書かれたボタンを押せば、アップデートが始まります。

    904

    1時間以上(自分のPCでは2時間ほど)かかるうえ、Alpha版なので、理解している人だけ行ってください。

    正式版は4月23日にリリースされる予定なので、その時まで待って、アップデートした方が危険が少ないかと

    904a4
    ぱっと見ただけでは、どこが変更されたのかよく分からないけど、こんな感じになります。
    まぁ多分使いやすくなっているはず?

    先日リリースされたDebian 5.0(安定版)も、近いうちに試して見たいと思ったりして...

    Windows7は6つのエディションで販売

    Engadgetによると

    Windows 7 Starter

    • OEM対象のプリインストール用。
    • Aeroなし。新タスクバーやジャンプリストといったUI改良はあり。
    • 従来のスターターとおなじく、同時起動アプリは3つまで。

    Windows 7 Home Basic

    • 新興市場向け限定
    • Aero なし

    Windows 7 Home Premium

    • OEMおよび小売向け
    • Aeroあり
    • マルチタッチ対応
    • 「プレミアム」ゲーム入り
    • Media Center、DVD再生、DVD作成
    • ホームネットワークグループの作成

    Windows 7 Professional

    • OEMおよび小売
    • Premiumの全機能
    • 加えて、ネットワーク機能の強化(リモート デスクトップのホスト、オフラインフォルダ、ドメインなど)
    • モビリティ センター
    • プレゼンテーションモード

    Windows 7 Enterprise

    • ボリュームライセンスのみ。小売パッケージなし。
    • Professionalの全機能
    • 加えて、ブランチキャッシュ
    • ダイレクトアクセス
    • BitLocker 暗号化

    Windows 7 Ultimate

    • OEMのハイエンドPCプリインストールおよび小売パッケージ。限定版。
    • Enterpriseのものを含む全機能

    となるようです。

    Windows 7 StarterはEeePCなどのネットブックやUMPCなどに格安で搭載されるだけでしょう。でも3つしか起動できないって、ウイルス対策、ファイヤーウォールを入れたら、あと1つってことになってしまうのでしょうか?それとも、ウィンドウを開くソフト上限なのかな?
    まぁネットブックにはLinuxの方が、合うように思えるが、普段使い慣れていないとダメだからなぁ~

    Windows 7 Home Basicは新興市場って事で、日本では、まず発売されないだろうし、Windows 7 Enterpriseはボリュームライセンスって事で、企業向け中心だから、実質、日本では普通に手に入れれるバージョンはWindows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimateの3つとなる。

    まぁ、3つの中で、一番多く売れる(メーカ製PCに搭載される)であろうWindows 7 Home Premiumでも、AeroやDVD再生等が出来るって考えると、Vistaのときより混乱が少なくてすみそうだ。
    というか、Home Premium以上を選ぶ強みが無いのが残念だ。

    DSP版のライセンスの扱いが、どうなるか心配だねVistaも当初かなりおかしなことを言って撤回された節があるから、今度も同じようなことにならないことを祈りたい。

    後は販売価格がどれだけ安くなるのかだが、たぶん現状維持になるだろうなぁ~

    そしてWindows7発売から3年後に新しいOSが出る…

    XPのメインストリームサポート期限まであと69日(機能追加とセキュリティアップデート)
    延長サポート期間 終了日まで1,889日(セキュリティアップデートのみ)

    期限は着実近づいている。
    今我々はWindows7かLinuxか選択の時に来ている

    Parted Magicでパーティション操作

    Parted Magic 3.5が出ました。
    LinuxベースでCDやUSBから起動させることができます。さすがにFDでは無理なようです…残念
    まぁ、あまり使う機会が無いけど、パーティションを分割してOSを入れるときにあると便利です。
    対応ファイルシステムはext2, ext3, ext4, fat16, fat32, hfs, hfs+, jfs, linux-swap, ntfs, reiserfs, reiser4, xfs

    公式サイト
    http://partedmagic.com/

     

    Parted Magicの他にも、Linuxベースのパーティションツールがあるので、自分に合ったものを探してみるのも、面白いかな

    SliTaz

    GParted Live

    RIPLinuX

    2TBのHDDが出たらしい

    2TBのHDDがWestern Digitalから発売されました。
    2TBと言えばHDDの壁(2TiBの壁)が存在します。
    今まで、かなり先の話だろうなぁ~って思っていましたが、実際に発売されてしまうと規格的にどうするんだろうって心配になってしまいます。

    まぁ今回は2TBといっても実質1.82TiB(テビバイト)なので、この次に出る大容量モデルから問題になりそうです。

     

    ということで、ちょっとメモっておきます。
    問題の原因
    Windowsで使われるMBRが32Bitでアドレス管理をしているので、2^32で最大4294967296個のセクタアドレスしか使えないことになります。
    もし、1セクタが512Bでフォーマットされていた時2199023255552B(2048GiB)までしか使えないことになります。
    また、パーティション分割をしても、この問題を回避することは出来ません!!

     

    解決方法としては、512Bより大きいセクタサイズを使えば、問題は解決できます。
    例えば1024Bを使えば4294967296*1024/1073741824=4096
    4096GiBまで使えることになります。
    2148Bを使えば8192GiBまで

     

    あとはWindows7以降のOSを使うかLinuxに行くか
    まぁ、多分修正ファイル出してなんとか対応させると思いたい

     

     

    詳しいことは
    http://wiki.nothing.sh/page/Over2TB

    Ubuntu 8.04.2がリリース

    Ubuntu 8.04.2 desktopがリリースされました。
    Ubuntu 8.04.1のバージョンアップした物になります。
    日本語版は出ていませんが、8.04はLTS(長期サポート)版なので2011年4月までサポートが続きます。

    現行のUbuntu 8.10サポートが2010年4月までとなるので、長期使う場合はLTS(長期サポート)版を使い、新しい物が好きな人は最新のバージョンを使うといいでしょう。

    Ubuntu8.10 インストールメモ

    Ubuntuの個人なメモになります。

    Ubuntu8.10の場合です。Ubuntuのバージョンが違う場合は、リポジトリ等を書き換えてください。
    あと、基本的な事だけど、自己責任でね。

    最低限必要なハードウェアのみ接続してUbuntu8.10のCDを入れる
    Ubuntuをインストール
    再起動
    パッケージのアップデートをする
    再起動
    グラボドライバ(nvidia)の変更する必要があるならする。
    日本語環境セットアップヘルパを実行(最低限日本語フォントは入れておくと良いでしょう)
    再起動
    PCにUbuntuを入れるときに外したハードウェアを接続する

    リポジトリの追加

    Medibuntu(DVD再生用)
    sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/intrepid.list –output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
    sudo apt-get update && sudo apt-get install medibuntu-keyring && sudo apt-get update
    http://packages.medibuntu.org/medibuntu-key.gpgを保存して読み込ませる

    Dropbox(他のPCとデーター共有)
    deb http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main
    deb-src http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main

    Ubuntu Tweak(Ubuntuの設定を変更する)
    deb http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ubuntu intrepid main
    deb-src http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ubuntu intrepid

    Wine(開発版を入れるために使用するので、通常は必要ありません)
    deb http://wine.budgetdedicated.com/apt/ intrepid main
    deb-src http://wine.budgetdedicated.com/apt/ intrepid main

    libdvdcss2
    sudo apt-get install libdvdcss2
    w32codecs
    sudo apt-get install w32codecs
    Ubuntu Tweak
    sudo apt-get install ubuntu-tweak

    Synapticパッケージマネージャーで実行
    消すパッケージ
    Ekiga
    Evolution
    Pidgin
    Transmission
    openoffice 2.4(gogo版)
    PalmOS
    Bluetooth
    OpenJDK

    入れるパッケージ
    keePassX    パスワード管理ソフト
    Gnomad2        Creative ZENの同期ソフト
    iriverter    Creative ZEN用の動画変換ソフト
    gFTP        FTPソフト
    Wine        Windows用のソフトを動かす為のソフト
    Totem-Xine    Totemだと、インターレース解除ができないので
    Mplayer
    VLC
    Stellarium    プラネタリウムソフト
    Sun JAVA 6    JAVAランタイム
    wacom-tools    タブレット用
    Potrace        線画トレースソフト(AutoTraceより綺麗にトレースできるがカラーに対応していない)

    その他
    xfy Blog Editor    Blogライター(インストール方法はこのBlogで検索して)
    openoffice 3.0    オフィスソフト(インストール方法はこのBlogで検索して)

    最後にUbuntuを綺麗にするために
    sudo apt-get clean        取得したパッケージキャッシュを削除
    sudo apt-get autoremove        不必要なパッケージ削除

    これが、自分の環境では最低限やることです