カテゴリー: メモ

NAS4Free

今使っているNAS(QNAP TS-209Ⅱ)の空き容量が80GB(全容量2TB)を切り、このままでは数か月で満タンになってしまうので、古いファイルを消すか、新しいのを買うか迷っていたのですが、
古いファイル消すにしても、NASはPCのバックアップも兼ねているので、バックアップが無くなると怖いし、
手ごろに買える高性能なNASがなかったので、PCにNAS4Freeを入れてNAS化して使うってことで、E350IA-E45にNAS4Freeを入れてみました。

先週USBメモリにイメージ突っ込んで設定して、しばらく使っていたのですが、問題なさそうな感じなので、HDD追加して本格的に使おうかなぁ~って思っています。

 

(さらに…)

REGZA Tablet のファクトリーリセット

今使っているREGZA Tablet AT700が、先月に行ったアップデート以降、どうも調子が悪かったので、普通に初期化したのですが、直らなかったので、ファクトリーリセットなるものがあると聞いたので、実行しました。

その時のその方法を、今後の為にメモしておきます

電源を入れるときにボリュームボタンを押しながら電源を入れると
ファクトリーリセットモードになるので、表示される文章をちゃんと読んで、ボリュームボタンで選択すればOK

後は放置すれば、データーは消えます。
OSはアップデート状態で残るので、多分、ソフトとDETA関連の初期化ぐらいだと思うけど、普通の初期化で駄目な場合にはやってみると良いかも

ガールズ&パンツァー 1/35 IV号戦車D型-あんこうチームver.-製作中

友人に頼まれて、昨年より再度4号戦車を作ることになりまして、ガールズ&パンツァー 1/35 IV号戦車D型-あんこうチームver.-を購入して製作していたのですが、説明書がひどいです。
説明書に従っていたら、履帯が付きません。
あと、アニメに出てくる戦車を再現しているはずなのに、要らないパーツや予備の履帯など必要なパーツが入っていなかったりと、正直デカール分の価値しかないような・・・

キットとしては、前回作成した4号に比べてパーツの数は減っており、履帯は一体型へ変更されています。
なので、しっかり作りたい方にはお勧めしません。
また、初心者にもお勧めできません 普通に組みやすさを求めるならタミヤの方が楽です。
しかし、これ完成させた奴どれくらい居るのだろうか・・・

まぁそんなこんなで、前回のと比べながら作っていたのですが、ある程度終わって完成にめどがつき始めたので、ちょっと現状公開~
Twitter上ではちょこちょこ公開していたので、足りない部分はそっちを見てください^^;

IMG_0223

前回の反省を踏まえてアニメの色に多少近づけています
後は、車輪のゴム部分の色を塗って軽く汚しをしたらデカール貼らずにフラット吹いて完成かな
今週中には終わらせられますが、期限は来月なので、それまでまったり作っていきます。

 

1/17追記:とりあえず組んでみた

IMG_0224

まだ汚しはしてないけど、なんだかこれで良いような・・・

ドイツ軍 4号戦車D型 7.5cm 長砲身型 完成

先月からちまちま製作していたドラゴンの1/35 ドイツ軍 4号戦車D型 7.5cm 長砲身型が、やっと完成しました。
まぁ思ったより時間がかかってしまいましたが、出来には満足してます。
今の自分の技術はこれぐらいって事でしょうね
時間をかけてゆっくり磨いていきます。

IMG_0169

IMG_0171

IMG_0172

IMG_0182

今回はこんな感じです。
泥汚れと、塗装の剥げ、テカリ等を表現して、錆はやってませんが、これだけでもぐっと模型らしさが消えて、見栄えが良くなります。
あとで、艶消し吹かないと擦ったりしたら消えちゃうけど、アクリルガッシュ(不透明水彩絵の具)の方がタミヤのエナメル塗料を使うより汚しが簡単にできる。
あとはカラーインクの耐光性があれば最高なんだけど・・・
今度戦車作るときはジオラマも挑戦してみたいなぁ~って思うけど、まぁ積みプラモが溜まっているので気分次第になります。

ドイツ軍 4号戦車D型 7.5cm 長砲身型 塗装

ドイツ軍 4号戦車D型 7.5cm 長砲身型の塗装をしました。

一応日曜日に錆止め色まで塗ったので、今日は本塗装ってことになるのかな?
Mrカラーのジャーマングレーで、塗ったのですが、思っていたより黒いんだよね一応白いれて多少明るくしたけど、結局黒くなっちゃったww

いつも通りエアブラシ塗装です。
一応陰影をつけたけど、正直写真じゃ分からないぐらいなので・・・
あまりハッキリつけるのも嫌なので、これぐらいで良いのかなって思っています。
あと、塗装してて気づいたのが、作業中に知らずにデザインナイフ等で付けていた傷が思ったより良かったので、今度作る時は、あえて傷をつけようかなぁ~って思っています。

あとは、デカールと汚しをやって完成かな

一応今月中に終わるはず・・・

Google Appsの無料版新規受け付け終了

Google Appsの無料版新規受け付けが6日に終了してました。

いやーGoogleからのメールで初めてGoogle Appsの無料版新規受け付け終了って事を知ったのですが、もう少し早く知っていればっておもうところもありますが、まぁ仕方がないよね

Googleだって営利企業なんだから・・・

まぁ終了しないだけましだよね
来年ぐらいに終了ってならないことを祈りつつ、今使っているドメインは更新しておこうかなぁ・・・

とりあえず今後の事を考えると、別の場所も探しておかないとね

 

co.cc

個人的なサイトに割り当てていたco.ccドメイン(サブドメイン)が、落ちて1週間以上経ったけど、復旧する見込みが無いので、破棄しました。
それに伴い、メールやサイトの移行を先月ぐらいから、ちょこちょこ進めていたのですが、やっと終わりました。

結局、個人的なサイトについては、統廃合し、今所有しているドメインのサブディレクトリに割り当てました。

メールはすべてgmailへ移行しました。
まぁ良く使うサイトや送られてきていたメール分の移行は終わったので、たぶん大丈夫でしょう。 問題があったらその時対応で

今回の対応で使えなくなった機能が発生したのが残念だけど、また近いうちに、使えるようにしたいなぁ~って思ってます。

やっぱり4つ目のドメイン取得に走るべきか・・ 現状でも年5000円近く
使っているのにまた増えるのは・・・

ペイントクリップ

普段模型をエアブラシで塗装する際、目玉クリップや割りばしを使って塗装しているのです
HIQパーツ等から出ているペインティングクリップみたいなのがあると便利だなぁ~って思っていたのですが、いかんせん高いので、自分で作ってみました。

 

大須の中華パーツ屋で4個100円で売ってたのでこれを10個ほど購入

IMG_0324
まぁネットで買えばもっと安いかもしれませんが、手短に買える所って事で大須で買いました。
今日占めたのは私ですすいません^^ 一応黒は2袋ほど残したけど、赤は買い占めたwww

 

IMG_0325
ミノムシ部分とワニ口クリップを分離させます
ワニ口クリップだけで売ってくれれば一番楽でいいんだけど、なかなか見つからないです。

IMG_0326

あとはダイソーで買った竹ひごと合体させて完成
やっぱワニ口が中華パーツなので、メッキがすぐに剥がれる・・・
まぁでも使えればいいので問題ないはず

IMG_0327

40本分のクリップ完成

材料費 : 竹ひご 105円
            : ミノムシクリップ  1000円

約半額で倍の量が作れたので、満足です。
まぁ40本あれば足りると思うけど、足りなかったらまた作ればいいかな

ガレージキットにホワイトサフ吹いた

先日、グレーのサーフェイサーを吹いたガレージキットに、ホワイトサフを吹きました。

1パーツだけは、木目シールを張るので、ちょっと色が違いますが、他のパーツは真っ白に塗ってます^^

IMG_0323

ゴチャゴチャに置かれていますが、パーツ同士の接触はしていないので、これでも問題はありません
今回のガレージキットはアマチュアサークルが製作した物って事もあってか、気泡がすごく多く、
隠れ気泡を修正した場所の横でまた気泡が発生して、ちょっと大変でしたが、たぶん見える部分の気泡は消えたはず・・・

乾燥後、パーツを見て問題が無ければ、カラー塗装に入っていきます。
しかしこの時期、部屋の窓を開けると寒いね><
早く完成させちゃうか、じっくりやるか悩むところだな

 

やっぱり業者抜きの方が楽だわ

MediaMonkeyのカスタムタグをMusicBeeでも表示させる方法

MediaMonkeyのカスタムタグはCustam 1~5までの5つが使用でき、MP3ファイルに直接書き込むことができるので
、他のMediaMonkeyが入ったPCでも表示させることができますが、MediaMonkey以外のソフトで開くとなると、TAGを定義しないと見ることができません。
そこで、その方法をここにメモしておきます。

MusicBeeを立ち上げて、下図の様に設定画面を開いて、新しいタグを定義するを選んでください。

m02

 

 

開くとこんな画面が出ます。この画面では、あらかじめCOMM/Songs-DB_Custom1はもう入っています。

m03
識別子の所に、COMM/Songs-DB_Custom1と入れ、空白になっている横のid3(.mp3)を選べば上の図のようになります。
これを繰り返して残りの2~5まで作成します。 Mediamonkey側ですべて使用していない場合は使っている分だけでもOKです。

一応MediamonkeyのCustom1がCOMM/Songs-DB_Custom1
Custom2がCOMM/Songs-DB_Custom2に対応します。

保存したら閉じてください。

 

m04

カスタム1と2は最初から定義されているので、カスタム3から追加していきます。
表示名は好きに設定してください。Mediamonkeyと同じにしておいた方が混乱が少ないかと思います。
そして先ほど作ったタグを設定して

保存して適用させれば終了です。

プレイヤー画面に戻って追加したタグをフィールドに表示させましょう。

 

Mp3TAGで同様にカスタムタグを表示させる場合はCustom1は %COMMENT SONGS-DB_CUSTOM1% になり
Custom2は %COMMENT SONGS-DB_CUSTOM2% です。