カテゴリー: ゲーム

PCゲーム、オンゲー、コンシューマー

Windows7は6つのエディションで販売

Engadgetによると

Windows 7 Starter

  • OEM対象のプリインストール用。
  • Aeroなし。新タスクバーやジャンプリストといったUI改良はあり。
  • 従来のスターターとおなじく、同時起動アプリは3つまで。

Windows 7 Home Basic

  • 新興市場向け限定
  • Aero なし

Windows 7 Home Premium

  • OEMおよび小売向け
  • Aeroあり
  • マルチタッチ対応
  • 「プレミアム」ゲーム入り
  • Media Center、DVD再生、DVD作成
  • ホームネットワークグループの作成

Windows 7 Professional

  • OEMおよび小売
  • Premiumの全機能
  • 加えて、ネットワーク機能の強化(リモート デスクトップのホスト、オフラインフォルダ、ドメインなど)
  • モビリティ センター
  • プレゼンテーションモード

Windows 7 Enterprise

  • ボリュームライセンスのみ。小売パッケージなし。
  • Professionalの全機能
  • 加えて、ブランチキャッシュ
  • ダイレクトアクセス
  • BitLocker 暗号化

Windows 7 Ultimate

  • OEMのハイエンドPCプリインストールおよび小売パッケージ。限定版。
  • Enterpriseのものを含む全機能

となるようです。

Windows 7 StarterはEeePCなどのネットブックやUMPCなどに格安で搭載されるだけでしょう。でも3つしか起動できないって、ウイルス対策、ファイヤーウォールを入れたら、あと1つってことになってしまうのでしょうか?それとも、ウィンドウを開くソフト上限なのかな?
まぁネットブックにはLinuxの方が、合うように思えるが、普段使い慣れていないとダメだからなぁ~

Windows 7 Home Basicは新興市場って事で、日本では、まず発売されないだろうし、Windows 7 Enterpriseはボリュームライセンスって事で、企業向け中心だから、実質、日本では普通に手に入れれるバージョンはWindows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimateの3つとなる。

まぁ、3つの中で、一番多く売れる(メーカ製PCに搭載される)であろうWindows 7 Home Premiumでも、AeroやDVD再生等が出来るって考えると、Vistaのときより混乱が少なくてすみそうだ。
というか、Home Premium以上を選ぶ強みが無いのが残念だ。

DSP版のライセンスの扱いが、どうなるか心配だねVistaも当初かなりおかしなことを言って撤回された節があるから、今度も同じようなことにならないことを祈りたい。

後は販売価格がどれだけ安くなるのかだが、たぶん現状維持になるだろうなぁ~

そしてWindows7発売から3年後に新しいOSが出る…

XPのメインストリームサポート期限まであと69日(機能追加とセキュリティアップデート)
延長サポート期間 終了日まで1,889日(セキュリティアップデートのみ)

期限は着実近づいている。
今我々はWindows7かLinuxか選択の時に来ている

とつげき!人間戦車 ALTeR

とつげき!人間戦車 ALTeRを、やっとクリア
前作と同じぐらいの長さかな たぶん(夏コミの後プレイしたから覚えてない…)

まぁ相変わらずバカゲーですね。人間戦車(感情を持つロボット)を捨て駒にして戦うゲームです。
続編が出たので意外と良かったのかな?

 

マウスとキーボードの電池が切れた
一度に5本消費するとは…
電池って2本か4本パックで売っているんだからさ、キーボードの電池3本ってどうやっても1本あまる。
どうにかしてよ….

最近メインマシン動かしてねぇ~

メインマシンの電源入れたらVGA反応しねぇ~
どうなってるの!!もう!

最近サブマシンやノートPCでUbuntuを夢中で弄っていたので、メインマシン触ってなかったせいかな

冬だから、たまには動かさないと、グリスが固まっちゃうね
と言うかメインマシンの用途を考えないと今ZENの転送とゲーム(ここ半月ぐらい動かしてない)、絵を描くぐらいにしか使っていなかったからなぁ~
大体、ノートと、サブのデスクトップで十分なんだよ
マシン複数台あってもね

年賀状の季節だからそろそろ親が使うぐらいか…

衝撃的なギャルゲー

アメリカで衝撃的なタイトルが付けられて開発されているゲームがありました。

その名もかたわ少女

え〜名前から想像出来るように、ヒロインの一人が片腕です。
また、その他のキャラも、何かしら障害を持っています。
日本で一時期はやった”デレ”ブームの一つやんデレの、心じゃなくて、体が病んでいるバージョンに当るのかな?

しかし、このゲーム日本では、発売禁止になりそうなタイトルと内容ですが、同人ゲームとしてなら出せそうな予感
日本語に翻訳して出してくれないかなぁ〜ってちょっと期待しているのですが...

システムがRen’Pyを使っているので、Linuxでも動くはず

UbuntuとWINEでゲームは動くのか?

UbuntuというかLinuxにWINEを入れると、Windowsで動くアプリケーションが動くこともあるって事を思い出したので、早速WINEで試してみることに。 前に、WinLinux2000でWinampをWin98のAPIを指定して、何とか動かした思い出が...そこまで完成度よくなかったけどおもしろい試みだったと今にして思う。

そのWINEのバージョンが1.0を越えたようなので、どれくらい動くのか試してみることに

WINEはUbuntu 8.10にはデフォルトでは入っていなかったので、普通にパッケージマネージャーから、インストール。
あとは、ゲームに何を選ぶのかってことで、家を探しました。

To Heart(Win95)を入れるべし って天(もしかしてHMX−12のフィギュア?)からの囁きが聞こえたので、To Heartにしました。
まずCD入れます。オートでマウントしてくれますが、実行するアプリが見つからない。
ということで、CDの中を開いて、直接インストーラーを起動って普通に動くし 技術は進んだね〜
そして、インストール完了
ゲーム起動!!
普通にメーカーロゴが出る!!

というかあっさり動きやがった〜〜 と思ったのもつかの間、BGMが鳴らない!!SEは普通に出るのに!!おかしい
昔のゲームだから、CDドライブから、サウンドカードに繋げるケーブルがいるのかなって思って家の中さがして...

発見!!まだ残っていた事に、感激
で、見つかったケーブルを付けてみたけど、鳴らない
BGMが鳴らない、ゲーム自体は普通に動く事を確認して、BGMは潔く諦める事に

まぁこれだけで終わっては、おもしろくないので、WINEのアプリケーションデーターベースを見に行ったらKANONとAIRが動作確認されていたので、CDが一枚の方が楽だと言う理由でKANON全年齢版(Win95,98)を手っ取り早く選んでインストール
こっちも問題なくインストール完了
で、ゲーム起動
今度は、SEもBGMも問題無し、で、ゲームを始めたら、文字化け 宇宙語?が表示されたので、フォントを変更してプレイ続行!!
普通に動く!! エフェクトが重いけど動いてしまった...

ついでに、KANONの隣に置いてあった歌月十夜もプレイしてみたけど、普通に動いた。ただ、画面の下が少し切れていたけどまぁ、プレイには問題ないかな

まとめ

LinuxでもWINEを使えばWindowsのソフトが動く物もある。
Vixは動く
3Dゲームも動く物があるみたい

エロГは
KANONが動くってことは、同じシステムを使っているビジュアルアーツ系のソフトは動く可能性が高いかも
歌月十夜が動いたので、これはnscrpiterを使っているゲームは動く可能性が高いかな
動かなくてもonscripterと言う、Linuxで動く互換システムがあるので、試してみると良いかも
あと、データーベースによればFateも動くみたいだから、吉里吉里を使っている物も動く可能性が高いかも
アリスのSYStem3.5も互換システムがあったはず。

とりあえず、動かしてみて、動けばラッキー、動かなければ、それに変わるソフトを探せば、楽しいLinuxライフになるかもね

ダウンロード違法化がどうやら決まりそうです。

えーなんだか、ダウンロード違法化法案を通すようで、成立は、来年になるようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/20/news077.html

法案を成立させるのであれば、どんなことが、違法になるのか明確に示して欲しい!!

DVDのコピーはOK?レンタルした音楽CDのコピーはOK?
友達との貸し借りはOK?私的OKってどこまで?
録画したものを、貸し借りするのはOK?金取らなければいいの?
P2Pは完全にNGなの?許可されてP2Pで配布されているものはどうなの?
通信の秘匿はどうなるの?どうやって確認するの?
プロバイダーがP2P規制するのって通信の秘匿を守っていないよね
いくらパターンを読んでいて、通信そのものを見ていないって言っても、パターンを見ているよね
迷惑メールチェックだって、メールの内容を見て判断しているのにいいの?

矛盾だらけだよね その辺をしっかりして欲しい!!

また、民主党の議員が、エロゲー規制法案を衆議院に提出しました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/20/news093.html
またなのね…

やりたければやればいいけどさ、どうせ、規制がかからないようにゲーム作るだけだしね
というか、エロゲーやる人を登録制にすれば?
そうすれば、多少一般人から遠ざけることが出来るわけだから、問題ないでしょ

もう児ポ禁法とか、オタクを殺す気ですか?
オタクどもの鬱憤はどうやって晴らせばいいのやら
麻生さんもオタクの支持を受けたいのであれば、こんなこと許すはずが無いのに。許しているって事は、やっぱり支持者集めのためだけなんだね!!

残念!!

人間関係は難しい

人って一人では生きていけない。
だから、人間関係が重要になるけど、難しいね

改めて、考えさせられた

俺って、キツい攻撃的な性格、言動をしているみたいだね
気をつけなければ、いずれ大きな失敗するね。
人生というリセットの効かないゲームは難しい

Linuxいじいじ

メモリーテストをするために、memtestを落としてCDに焼いたら勿体無いかなって思ったので、確かKnoppixに入っていた様に記憶していたので、落としてみました。

ここからが、悪夢?の始まり…

まぁどうせ落とすならDVD版だよねってことで、knoppix_v5.3.1DVD_20080326-20080523-AC.isoを落としました。

で、早速DVDに焼いてメモリーテスト、エラーが増えてる!! ←前からあるのは分かっていたんだけど、アドレスの後ろのほうだから無視していたんだけど、もう限界かな?

メモリーテストした後、KNOPPIX起動 5.3.1がリリースされた時に触って以降弄っていなかったので、適当に触りました。
まぁ普通に、ネットを見るだけなら十分使える。DVDからだと起動が遅いけど、再起動すれば設定がすべて消えているので、危ないところへ行くときにはもってこいかな。

しかし、これがいけなかった!! そう、ここからどつぼに嵌るのです。

KNOPPIXだけでは、物足りなくなって、他のディストリビューションもついでに試してみたくなってきたのです。
LiveCDでも、有名どころでも良かったのですが、どうせならちょっと変わった物を試したくGentoo Linux派生ディストリビューションのSabayonLinux-x86-3.4f-jp.isoを入れて見ました。
公式だと新バージョンが出てましたが、落とすのにかなり時間がかかりそうだったので(24時間以上)結局、日本語化されたものを、ライブCDの部屋さんから落とさせていただきました。
そして、試す。重いゲームいらないから軽くしてくれ!!
KEDだと日本語のフォルダ、ファイルにアクセスできない。正常に日本語化できていないみたい。GNOMEにしたら、文字化けしているけどアクセスは出来るようになった。
まぁ有ると便利って言うソフトが結構入っているので、意外といいかも。日本語入力等が出来れば、もっと良かったのにね。
このディストリビューション、なぜかシャットダウンに失敗します。
残念!!

TurbolinuxもLiveCDを出しているようだったので、入れてみました。
Turbolinux Client 2008 Live Editionっていうやつ
ここのLinux(Turbolinux8 Server)は前HDDに入れて利用していたけど、結局消しちゃったから、久々です。
しかし、まだTurbolinuxやっていたんだね 自分が高校のときから、あるから結構老舗なのかな?
日本語対応も、見た目も、ディスクトップ環境として使う分には、一番使いやすいLinuxかもさすが有料だね
1万ぐらいで買えるから、買ってもいいかもって思える出来です。

そういえば、レザー5Linuxって前あったけど、いつの間にかTurbolinux に買収されて消えていよ。残念

この当時のLinuxは自分でパーティション分けたりして結構入れるの大変だって印象があったけど、最近のディストリビューションは、GUI化されて、見た目も分かりやすくなっているし、入れやすい。
でも、その分、重くなっているから、古いマシンに入れるのは、オススメできないね

そして、ここまで?やったのであれば有名どころもやっておきたいってことで、
ubuntu-8.04.1-desktop-i386.isoを入れてみました。
まぁ普通機能も最低限って感じ
やっぱりCDの容量の制限だから、仕方が無いけどね
でも、十分に使える

他にも、試してみたい奴があったんだけどCD-Rが無くなったのでこれにて終了
DVD‐Rは有るので、面白そうなものを見つけたら、また入れてみるかも

全体的にいえるのは、日本語変換がおバカ過ぎる。
フォントがショボイ
ちょっとした機能が使いたい時に使えるソフトが、少ない
ATOKのLinux体験版出ないかな~
ディスクトップの解像度が1024×768で、表示されるのがほとんどで、
唯一ターボが1920×1200まで、表示させれた
他のも、ドライバを入れれば解決すると思うけど、めんどくさそう

実際、LinuxをHDDに入れて、数ヶ月使わないと、本当の良さは分からないと思うから、機会があれば、やってみたい。

誰かHDDちょうだい!!