カテゴリー: フィギュア

フィギュアライズバスト Liko

バンダイから発売された フィギュアライズバスト Likoを組みました。
フィギュアライズバスト 要はプラ成型の胸像フィギュアです。

まぁバンダイなので色を塗らなくても、ちゃんと見せれる出来ですが、どうせなら塗ってみようと思い塗りました。
ただ、まつげや、眼は分解できないので、そのあたりは触ってませんし、合わせ目消し等もやってません
眼やまつげは色ごとに分割できるようにするか、デカールを付けてくれれば嬉しいのですが、1200円で買えるってことを考えると十分なのかもしれません。
まぁそれでも、ここ数年ガレージキットの入手がほぼイベントのみってことを考えると、プラモデルでも良いので、自分で塗れるフィギュアが出てくれるのは嬉しいものです。
今後、バンダイも全身フィギュアも出してくれるといいのですが・・・ グッドスマイルカンパニーのminimum factoryシリーズの様にね
使用カラー
今回は一応設定がちゃんとあるキャラなので、普通にそれらしい色で塗ってます。

肌色
g053 ノーツフレッシュピンク
g054 ノーツフレッシュオレンジ

髪の毛
GX1 クールホワイト
63 ピンク
67 パープル

服緑
20 ライトブルー
CK6 畳色

服黒
92 セミグロスブラック

服白
UG01 MSホワイト

グレー
UG01 MSホワイト
31 軍艦色(1)
67 パープル

クリアーパーツ
57 青竹色
GX205 GXメタルグリーン

img_0303 img_0304 img_0305 img_0306 img_0307 img_0311

結局これ作るのに6時間ぐらいかかったので、普通に塗らずにシールで済ませちゃえば1時間ぐらいで完成しちゃうと思います。
今後もこのフィギュアライズバストシリーズが出るので、ラインナップが楽しみです。

 

Fenrir オリジナル燈狼

2011年の冬にワンフェスにて購入したFenrir オリジナル燈狼を作りました。
残念ながらディーラーさんのHPは無くなってしまいましたが、まぁ購入時にパーツチェックしてあるので、特に問題は無いかと思います。
まぁもっと早く作れって事だよね・・・

このガレージキットは着物を着ているってことで、完成見本には、着物の柄も書かれていましたが、今回は描きませんでした^^;
良いデカールないかなぁ~って、探したのですが、見つからなかったです・・・まぁ眼は自分で描き入れている分けだから、描けよって言われたら元も子もないですが、まぁ今回は時間の都合で無しということで…

ということで、完成させた写真です。

IMG_0295IMG_0298 IMG_0297IMG_0296IMG_0299 IMG_0300IMG_0302

このガレージキットは個人抜きってことで、結構気泡や歪みがあって苦労しました><
なので、おもったより時間がかかってしまい、着物の柄までやる余裕はありませんでした・・・

まぁそれでも完成したのでOKでしょ罪にならなくて良かった

使用カラー


111 キャラクターフレッシュ(1)の後、影でg054 ノーツフレッシュオレンジ
更にg059 サフレス フレッシュピンク+112 キャラクターフレッシュ(2)を吹く

眼帯+首輪+ベルト
GX2 ウィノーブラック+189 フラットベース「なめらか・スムース」

髪の毛+しっぽ
g052 ノーツフレッシュホワイトの後、影で174 蛍光ピンク
その後残りの塗料に11 ガルグレーを入れシャビシャビにしてコート

耳封緘
X-12 ゴールドリーフ

着物
下部
113 RLM04イエローの後、影で58 黄橙色
中部
59 オレンジ+173 蛍光オレンジ
上部
79 シャインレッド+171 蛍光レッドの後、影で100 マルーン

着物襟
GX1 クールホワイト
g037 純色バイオレット
着物帯+リボン
59 オレンジと173 蛍光オレンジ
着物帯締め+ベルトシルバー
X-11 クロムシルバー


GX2 ウィノーブラックを下塗り
シルバー 明るめ

GX2 ウィノーブラック


GX2 ウィノーブラック 一部艶消しの為189 フラットベース「なめらか・スムース」を混ぜて塗装

高下駄
GX2 ウィノーブラック

鼻緒
67 パープル+GX1 クールホワイト
足袋
GX1 クールホワイト


g037 純色バイオレット
g050 クリアーホワイト


アクリラガッシュで塗装後181 スーパークリアー半光沢でコート
その後クリスタル ジェル メディウムで盛り

基本Mrカラーで一部ガイアカラーとタミヤエナメルを使用して、眼はアクリラガッシュといういつもの方法で、やってます。
そろそろサフレスとかやってみたいと思いつつ、なかなか踏ん切りがつかない、おっさんですが、これからも末永き見守ってください^^

さて次は何を作ろうかなぁ~

秋津原 瑞穂

ASUKA CRAFTさんの秋津原 瑞穂を作りました。
秋津原 瑞穂はAXLから発売されたエロゲーのキャラクターとなります。
購入は2011年の冬のワンフェスですので、結構経っちゃってますね^^;
実は、前回の物と同様にサフまでで止まっていたのですが、気に入らないところもあったので、修正して結局サフを再度吹いて、塗装して組み立てました。

ということで完成写真です。
IMG_0438 IMG_0439 IMG_0440 IMG_0441 IMG_0443

ちょっとテカリすぎている感も否めませんが(これでも艶消しは吹いてます)、ある程度艶は欲しいので、悩ましいところです。

色リスト

GX1 クールホワイト

白影
GX1 クールホワイト
80 コバルトブルー
GX2 ウィーノブラック

白コート
XC08 ムーンストーンパール
ガイア050 クリアーホワイト

服 ベージュ
318 レドーム
44 タン

服 ベージュ影
44 タン
318 レドーム

髪の毛
318 レドーム
109 キャラクターイエロー

髪の毛影
318 レドーム
109 キャラクターイエロー
44 タン
173 蛍光オレンジ

髪の毛光
ガイア050 クリアーホワイト
XC08 ムーンストーンパール
173 蛍光オレンジ


111 キャラクターフレッシュ(1)

肌影
111 キャラクターフレッシュ(1)
054 ノーツフレッシュオレンジ
053 ノーツフレッシュピンク

髪飾り緑
64 ルマングリーン
XC06 トルマリングリーン

服黒
GX2 ウィノーブラック
116 RLM66ブラックグレー

服黒影
GX2 ウィノーブラック
71 ミッドナイトブルー

服黒光
116 RLM66ブラックグレー
71 ミッドナイトブルー

ニーソ黒
116 RLM66ブラックグレー

ニーソ黒影
116 RLM66ブラックグレー
71 ミッドナイトブルー

シルバー
SM03 スーパーアイアン


108 キャラクターレッド

赤影
100 マルーン


GX2 ウィノーブラック

靴光
GX2 ウィノーブラック
71 ミッドナイトブルー

木の棒下地
44 タン

木の棒上塗り
43 ウッドブラウン


白目
GX1 クールホワイト

ホルベイン アクリラガッシュ
ジェットブラック
バーント シェンナ
ライトブルー
スカイブルー
ビリジャン
パールホワイト
クリスタルジェルメディウム

眉毛
ホルベイン アクリラガッシュ
ディープイエロー
ジョーン ブリヤン

ホルベイン アクリラガッシュ
スカーレット
カーマイン

まぁ色はいつも通りラッカー系をメインで使用して、一部をガッシュで塗っています。
この組み合わせが、自分には合っているのかなぁ~って思っています。そろそろサフレス塗装をやってみたいと思いつつ、塗装は難しいので、悩ましいところです。

 

次は、何作ろうかな

みずうみの底 瀬名 愛理

WF2011冬に購入したらしいみずうみの底 瀬名 愛理をやっと作りました^^;
いや~サフまでは吹いてから、かなり長い間放置状態でしたが、いいかげん場所を取るので、完成までもっていきました。

え~まぁガレージキットですので、いつも通り、気泡やバリの処理等をして、塗ってます。
基本はラッカー塗料で、眼等でガッシュを使っています。
塗料を重ねる時には、相性を考えてやらないとダメだねぇ~ってことを痛感
台座は初めに濃い色で塗装後、通常の色で塗装してやすり掛けして木目を何となく再現してます 白くなっているところは削りすぎた^^;

まぁでも完成させれたのでOKかと

IMG_0435IMG_0429 IMG_0430 IMG_0431 IMG_0432

使用したカラーリスト
髪の毛
318 レドーム
44 タン

髪の毛影
318 レドーム
44 タン
310 ブラウンFS30219

髪の毛ハイライト
G050 クリアーホワイト

肌色
111 キャラクターフレッシュ(1)
112 キャラクターフレッシュ(2)

肌色影
318 レドーム
112 キャラクターフレッシュ(2)

制服白
GX1 クールホワイト
107 キャラクターホワイト

制服白影
G050 クリアーホワイト
323 ライトブルー
11 ガルグレー

制服パールコート
G050 クリアーホワイト
XC08 ムーンストーンパール

制服黒
GX2 ウイーノブラック

制服、リボンブラウン
29 艦底色
131 赤褐色

リボン青
323 ライトブルー
110 キャラクターブルー


29 艦底色
131 赤褐色
GX2 ウイーノブラック

白目
GX1 クールホワイト


ホルペイン アクリラガッシュ
ジェットブラック
チタニウムホワイト
バーント シェンナ
バイオレット
スカイブルー
ライトブルー
ウルトラマリン ブルー
ビリジャン

 眼ハイライト
ホルペイン アクリラ
パールホワイト
で、塗装後GX100 スーパークリアーⅢでコート
その後、クリスタルジェルメディウムで盛る

頬、口
アクリラガッシュ
スカーレット

全体艶消し
181 スーパークリアー半光沢
182 スーパークリアーつや消し

台座
43 ウッドブラウン
310 ブラウンFS30219

次は ASUKACRAFT 秋津原 瑞穂も今回の物と同様に、サフ吹いたところで止まっているから、やらないとなぁ~

連装砲ちゃん

KOTOBUKIYAの連装砲ちゃんを作りました。

いや~地元だとKOTOBUKIYAのプラモを売っている店がないので、結構探し回って、結局半田のアサヒヤで買ってきました。
地元のジョーシンやエディオンだとガンプラかAFV、戦艦ぐらいしか置いて無いので、毎回、大須へ行くかアサヒヤになってしまうのが残念です^^;

どーにかならないもんかねぇ~
予約すれば入れてくれるんだろうけど、予約して、サンプル見て微妙って思ったとき困るしね・・・

まぁ愚痴はこの辺にして、連装砲ちゃんです
このプラモ箱にも書いてありますが、

文字のデカールが付いていません!!
デカール付いてません!!

重要な事なので2回書きます

よって自分で書くしかないです
とりあえず汚い字ですが書きましたよ そりゃ~重要ですから!!

まぁ文字のデカール買ってもいいんだろうけどね

なるべく低価格にしたかったのかなぁ~って思います

あと気になったのが、破損砲身には穴が開いていないんです
普通の砲身には穴があけてあるのに・・・

まぁこっちも開けちゃえば良いだけなので、特に大きな問題はないです。

砲塔に砲身取り付けた時に防水布の部分の塗装が剥がれて塗り直したけど、塗り直した方が良い色になった気がします^^
塗装前にちゃんと洗浄しないとダメだよってを改めて痛感
次から気を付けよう

 

とりあえず今回も説明書の指定は無視して、戦艦で使っている色を中心に選びました

 

今回の使用カラー 分量は色を混ぜながらやっていたので割合は書けないです^^;
本体 グレー
32軍艦色(2)、35明灰白色(半光三菱系)、52フィールドグレー(2)

本体 底面パーツ
32軍艦色(2)、22ダークアース、52フィールドグレー(2)

本体 ライトグレー(連装砲の根元の防水布)
316ホワイトFS17875、44タン、52フィールドグレー(2)

浮き輪 レッド
29艦底色、79シャインレッド、GX1クールホワイト

浮き輪 ホワイト
316ホワイトFS17875、44タン

スクリュー
GX209GXレッドゴールド

文字&砲身の穴 ホルベイン アクリラガッシュ
汚しはしないで普通に艶消し塗装

 

 

まぁそんなこんなで完成した連装砲ちゃんの写真です。

IMG_0121 IMG_0122 IMG_0123 IMG_0124 IMG_0125

 

プライズの島風のフィギュアに付属していた連装砲ちゃん(左)と一緒に撮影^^

 

IMG_0126

かわいいね~

もう一体買って作ってもいいぐらいだね

とりあえず今回はパーツ数が少ないのですぐに完成しちゃったので、金剛と榛名の製作に取り掛かれそうです。

タチコマ

KOTOBUKIYAから発売されたタチコマWith草薙素子&バトー

を塗装してみました。パーツ数はそれほど多くない(ホイホイさんと同じぐらい)ので、手軽なほうかと
説明書の色指定めんどそうなのと、パールコートしてみたかったので、結構見栄え重視で塗ってます。
プラモについてきたフィギュアは塗ってません^^;

IMG_0215 IMG_0212 IMG_0213 IMG_0214

まぁこんな感じになりました。
テカってていい感じ
合わせ目消しや、スミ入れはしていないけど、これで十分かなぁ~って思います。

さて次はミクさんまだだし、何やろうかなぁ~

 

なんとなくやってみた

昨日なんとなく作成した、西住みほ(ハルヒ改)を4号戦車に乗せてみました。
まぁせっかく作ったから乗せて写真撮ってBlogのネタになってもらわないとね^^

ガルパン仕様の4号戦車は先週友人宅へ嫁いだので、最初に作った4号戦車の長砲身Verに乗せています。
勢いでやり始めたので、ガルパン仕様の4号が無いことに今日気づきました^^;

短砲塔より長砲塔の方が戦車としては好きなので、こっちで良いのだ!!

IMG_0251

パンツのアホ~

IMG_0246

乗せてない時より、良く見えますね

最初にこの4号戦車作るときに戦車長のプラモを探したのですが、売り切れで、結局載せずにここまで来たけど、この西住みほも、悪くない

むしろ、戦車っていうと硬いイメージがあるけど、 可愛さが出てこっちの方が良いね

 

 

 

なんとなく背景を合成してみたりwww

4号01

 

4号02

 

4号03

背景合成するといい感じになるね~
情景を作るより手軽で良いね

これだけ良くなるなら気分しだいで、今後もやっていこうかな

 

こうして更に深みにはまっていくのか・・・・

なんとなく作ってみた

なんとなく4号に乗せたいと思って作ってみました。
一応ガルパンの西住みほのつもりです^^
このサイズの西住みほがまだ出てない(入手していない)ので、出るまでの繋ぎの予定で作りました。
元はガチャの景品の涼宮ハルヒです。
変更点は頭のリボン除去と段差消し、髪の毛の色替え、前髪の分け目変更、制服の色替え、身長伸ばし、スカート変更ぐらいです。
なので、まだ目の辺りにハルヒっぽさは残ってますが、まぁ短時間でやったのでこんなもんかなって思っています。
ちなみに足は加工中に千切れたので、無しです^^;
まぁ4号のキューポラの所に挿す形で置くので問題ないです。

IMG_0237

PCVはやっぱり加工が難しいわ3時間ぐらいでやったので、まだ塗装が完全に乾いていなかったり・・・ パテのヒケ出るだろうけどまぁ気にしないwww

2体のガレージキットにサフ吹き

みずうみの底さんの瀬名 愛理とASUKACRAFTさんの秋津原 瑞穂にサーフェイサーを吹きました。

1体だけやるよりどうせなら2体同時にやった方が面倒事が減るので、2体同時にやりました。
この2つのガレージキットは2011年の冬に行われたワンフェスで購入したものです。
製作まで期間を置いたので、レジンに含まれる溶剤がある程度揮発したはずなので、後々の障害が少ないハズ・・・ たぶんね
まぁ逆に期間を置きすぎると、変色して固くなるので、これくらいでちょうどいいはず

ガレージキットの量が製作に追いついていないっていうのはナイショね
衝動買いし過ぎなんだろうね~

まぁということで2体のガレージキットにサーフェイサー吹いたわけですが、粗が結構出てきてショック・・・
隠れ気泡というべきものが無数に・・・
パーティングラインの処理忘れ・・・
つなぎ目を接着後パテで盛った後のヒケ等数えきれないぐらい発覚

どうせ、サフ吹は1回では完了しないって分かっているからグレーサフ吹いて傷を見やすくするわけだし、2回目は上に塗るカラーによってサフの色を変えるって初めから決めてるからいつも通りっちゃいつも通りなんだな
ただ、今回の修正する量を考えると結構時間がかかりそうだなぁ~って思っています。
やっぱりKOTOBUKIYA等の大手と個人だと気泡の量とか、処理する量増えるなぁ~

サフが乾いたら修正に入るぞ~

ムスタングの塗装

塗装されずに放置されていたムスタングを塗装しました。

まぁ放置って行っても、スペースシャトルの模型の時からなので3ヶ月ぐらいかな?
十分放置してるね^^;

なぜ放置していたのかと言うと、シルバー塗装をどの塗料で行うと一番綺麗に出来るのかって事が一番の問題で、この間、メッキシルバーNEXTを購入したので、とりあえず解決

で、早速塗ってみたのですが、説明書に書いてあるとおり、エアブラシで0.05MPaぐらいで、極力絞って重ねながらゆっくり塗っていく感じで、いつもとはちょっと違った吹き方でしたが、思ったよりちゃんとした光沢が得られました。

これなら、十分満足できるかと
一応皮膜保護の為に、上からクリアー吹きたかったけど、曇るらしいので、とりあえずこのままかな
上からクリアー吹かなくても皮膜は思ったより強いから問題ないはず

メッキシルバーNEXTを購入する時ちょっと高いと思っていたけど、この出来なら満足

ちょっと黒が強いのは下地が光沢の黒だからだと思う。

光沢のグレーか白で塗ってみるとまた違った色合いになると思う

しかし、一度試すと、今までのシルバーの塗料はいったいなんだったんだろうって思うね

近いうちにデカール等を貼って完成させます。