青島文化教材社 1/24 痛車 No.17 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは ランサーエボリューションXを組みました。

今回は友人の依頼を受けて組みました。
デカールは依頼人が貼るってことで、基本的には組み立てと塗装、内装のデカール等は貼って、ボディのデカール以外は完成させてから渡すって事になってます。
まぁゆかりんなのでデカールを貼っても良いかなぁ~って思いましたが、見ただけで躊躇しちゃいました^^;
ちなみに依頼人は同シリーズのフェイトさんの痛車も所有してました。
両者のキットの違いは、ホイールとデカールぐらいでした。
2つのパッケージを並べるとちゃんと1つの絵になるので、お持ちの方は並べてみるのもいいかもしれません。

使用カラー
GX1 クールホワイト
GX2 ウィノーブラック
3 レッド
33 つや消しブラック
35 明灰白色
71 ミッドナイトブルー

GX201 GXメタルブラック

GP-08 プレミアムミラークローム
Ex-03 Ex-クリアー
造形村シャインパール ホワイト

X11 クロムシルバー

ボディはGX1 クールホワイトの後にEx-03 Ex-クリアーに造形村シャインパール ホワイトを混ぜてクリアーコートを軽くしてます。

写真です。

今回ちょっと失敗してやり直してます^^
ボディの素材が白でボディは白指定なので、確実に透けます。よって、シルバーを下地に入れてます。
その後GX1 クールホワイトを塗装し、Ex-03 Ex-クリアーに造形村シャインパール ホワイトを混ぜてクリアーコートをしたら・・・ 下地が溶けだしてやり直してます^^;
いやぁ~もう少しGX1 クールホワイトを厚く吹いて、乾燥時間をしっかり取らないとダメだったかな

それ以外はいつも通りエアブラシや筆で順調に進んでます。
今回痛車デカールを貼らなくていいので、これで済んでるが、もし貼ってたらって考えると・・・
蒸しタオルやらマークセッター、ソフター(持ってない)が必要になるんだろうなぁ~
その後の、クリアーコートも、デカールが溶けないようにかなり慎重に何度も吹く事になったはず
もうデカールが溶けるのは嫌‼
まぁそれでも、ここまでは完成したので、あとは依頼人のがんばり次第だね
がんばれ~~

 

さて次は、キャラ物のプラモが作りたいなぁ~
かわいい系・・・
きゃらっがい モモ買ってないし
今あるのって戦車、軍艦、ガンダム、バーチャロン・・・
F.A.G.かメガミデバイス、ガレージキット
悩むねぇ~
早くジョーシン出来ないかなぁ~

 

p.s. 多分渡すときに言うと思うけど一応
デカールが貼りやすいように、アンテナ、サイドミラー、フロントバンパー、リアバンパー、リアウイング、ガラス、フロントライトのカバー、リアライトのカバー、サイドカバーはピットマルチ2での仮止めなので外して貼ると楽に貼れると思います。
また、外した後、また再度接着できますが、ちゃんと固定するなら、田宮セメント等を使ってください。
あと、ボディとシャーシ(内装含む)は分離できますので、デカールを貼るときに仮止めのパーツと同様に外すと楽に貼れると思います。

コメントを残す