今使っているNAS(QNAP TS-209Ⅱ)の空き容量が80GB(全容量2TB)を切り、このままでは数か月で満タンになってしまうので、古いファイルを消すか、新しいのを買うか迷っていたのですが、
古いファイル消すにしても、NASはPCのバックアップも兼ねているので、バックアップが無くなると怖いし、
手ごろに買える高性能なNASがなかったので、PCにNAS4Freeを入れてNAS化して使うってことで、E350IA-E45にNAS4Freeを入れてみました。

先週USBメモリにイメージ突っ込んで設定して、しばらく使っていたのですが、問題なさそうな感じなので、HDD追加して本格的に使おうかなぁ~って思っています。

 

とりあえずやったこと
ここからイメージNAS4Free-x64-embedded-9.1.0.1.636.imgをダウンロード(E350は64bitに対応しているしメモリを8GB積んでいるので64ビット版を使用)拡張子はimgだけど実は圧縮されているのでWinrarで解凍
解凍したイメージをWin32 Disk Imagerを使ってUSBメモリに書き込む

あとはNASにしたいPC先ほど作成したUSBメモリを差してBIOSでUSBからブートするように設定して起動
その際ピンヘッダ用 USBコネクタ等を使ってMBのピンヘッダに直接つけて、内蔵させた方が折る心配がないかと

起動したらWebからログインしてHDDの初期化やらマウント、ユーザーの追加を行う

WindowsからアクセスしたいのでCIFS/SMBを有効化
ネットワークからもアクセスできないと意味がないのでFTP、DDNSも有効化
ついでにWOL出来るようにしてインターネット上から電源入れれるように変更

OWNCLOUDを使いたいので
SSHでログインして
http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/2279
cd /mnt/hdd1/www
fetch http://mirrors.owncloud.org/releases/owncloud-4.5.7.tar.bz2
mkdir owncloud
cd ownclud
tar zxvf /mnt/hdd1/www/owncloud-4.5.7.tar.bz2
cd /mnt/hdd1/www
chown -R www:www owncloud

AjaXplorerもあると便利なので
cd /mnt/hdd1/www
普通にajaxplorer-core-4.2.3.tarを落としてFTPで突っ込む
tar zxvf /mnt/hdd1/www/ajaxplorer-core-4.2.3.tar.gz
mv ajaxplorer-core-4.2.3 AjaXplorer
chown -R www:www AjaXplorer

ファイルパスは環境によって変更してください

 

 

 

コメントを残す