NEC Express5800/S70 タイプFLのMBに着いているピンヘッダのピッチが通常の2.54mmじゃなくて2mmなので、MBを変えるにしても、ケースを変えるにしてもどうにもできないので、変換コネクタを探したのですが、なかなか見当たらなかったので、自分で作るることにしました。

 

買ったのはこれです。写真は撮影し忘れたので拾い物^^;

 

2.54mmのピンヘッダ2列×5の10ピンのやつと、2.54mmのピンヘッダ(メス)2列×5の10ピンと

写真は無いけど2mmのピンヘッダ2列×5の10ピンのやつと、2mmのピンヘッダ(メス)2列×5の10ピン

を各3個づつ大須で買ってきました。

 

一応補足・・・

NEC Express5800/S70 タイプFLのMBだけ変える場合は2mmのピンヘッダ2列×5と2.54mmのピンヘッダ(メス)2列×5が各2つあればOKで、逆にNEC Express5800/S70 タイプFLのMBを他のPCケースへ移す場合は2.54mmのピンヘッダ2列×5と2mmのピンヘッダ(メス)2列×5が各2つあればOKです。

今回は予備と、両方を考えて各3つづつ購入しています。

 

製作

まぁ製作って言っても、ピンを曲げてはんだ付けして、ホットボンドでコーティングするだけです^^

これを3セット作ります。

ではんだ付け

 

ホットボンドで固める

こんな感じ まぁ使えればいいので、見栄えは気にしない方向で・・・
ケースに入れちゃえば見えないしね^^

 

これで、ケース変えて熱暴走の回数が減ればいいかなぁ~

 

一応市販品ではこれが使えると思われるが、逆バージョンは見つからなかったので、結局作る必要があるのかもね

 

 

 

3/12 変換コネクタ使ってメインとサブPCのMBを交換しました。

これで、熱暴走が少しは防げるはず。

一応変換コネクタが1対余ってます。

1 Comment on ちょっと変換コネクタ作成

  1. IBMサーバーx3105で同じ問題にあたり、とても助かりました。ありがとうございました!

コメントを残す