日: 2011年6月17日

まほろんさん完成ってことで・・・

ホイホイさんをまほろさんにする為に、プラモデルを塗装しました。

今回、初めてダメ元でパール塗装してみたのですが、意外と良いね。
これは、他のプラモやガレージキットでも使えると思うので、今後極めていきたいです。
ただ、今回かなり少なく使ったので近づかないと分からないのが難点かな

 

 

とりあえず組み立てて完成させた、ホイホイさん改めまほろんさんです^^。

プラモの塗装って思ったより良いね。ただ、つなぎ目を消して無いのが思ったより目立つね^^;
素組より遥かに時間がかかるが、出来たときの見栄えが全然違うから、これからも、時間があれば塗っていこうかな

ホイホイさん終わったから、ガレージキットへ戻るかな

MusicBeeがいつの間にか日本語に対応したらしいので入れてみた

MusicBeeがいつの間にか日本語に対応したらしいってことで、早速インストールしてみました。

ダウンロードはこちらから

http://www.getmusicbee.com/

 

とりあえずインストールしたての画面です。

この段階では日本語化されていませんので、公式サイトのフォーラムより日本語ランゲージファイル

をダウンロードしてきます。

URLはhttp://getmusicbee.com/forum/index.php?topic=3258.0

よりJapaneseを選んでダウンロードしてください。

日本語化はダウンロードしたランゲージファイルをインストールフォルダのLocalisationに入れて、、設定でJapaneseを選べば、日本語化されます。

現状では、かなり意味不明な翻訳(たぶんそのまま機械翻訳?)となっていますので、逆に使いづらくなります^^;

ということで、有志の方が作成したランゲージファイルを入れた方が、日本語の翻訳が断然まともな物になります
ダウンロードはこちらから
http://softinfo.seesaa.net/article/149825004.html

とりあえずこれで、通常使う分には問題がないレベルになります。

 

少し気になったのがそのままの状態でASIOを使うとプチプチノイズが入ります

自分の環境だけなのか分からないので一応プチプチが入らなかった設定は

以下の通りです。

WinXPでサウンドカードがSoundBlasterX-fiの場合ASIOのLatencyを10ms以下にする

あまり数値を下げすぎるとPCに負荷がかかるのでお勧めしません

 

とりあえずPCに入っている曲を全部突っ込んだ時の起動時間、ライブラリ操作時の動作はMusicBeeのほうが軽いので、次のバージョンのMediaMonkeyの出来が悪かったらこっちへ移るかもしれません