日: 2010年5月13日

Google日本語入力がLinuxに対応

Google日本語入力がオープンソース化され、Linuxでも動くソースコードが公開されました。

http://googlejapan.blogspot.com/2010/05/google_10.html

ということで、Ubuntuに入れてみました。
まだ、バイナリパッケージでは公開されていないので、ソースコードからコンパイルして使う必要があります。
で、肝心のやり方は、このサイトで紹介するより他のサイトで紹介されているので、
そちらを参考にしてください^^

http://blog.browncat.org/2010/05/google_oss_mozc_ubuntu_1004.html
http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/51590928.html

で、このGoogle日本語入力はiBusに組み込まれるので、Scimでは使えません><
まぁUbuntu10.04でわざわざScim入れて使っている人少ないと思うから問題ないのかな
俺は困ったけどOrz

で、まぁ肝心の変換は、微妙
変換予測が出てくるので、なんとなく携帯の変換のように見えてしまうけど、使い心地は普通でも、常用したいかって聞かれたら、俺は使わないかな
なんか嫌 慣れればいいのだろうけどね

あと誰かがリポジトリ作って公開してくれるといいけど、無い

から自分で管理しないといけないって考えると…

(さらに…)

topsy.comって何者?

何故か最近Blogを更新して、Twitterにそのことをつぶやくと、topsy.comからトラックバックが来る
登録した覚えもないので、勝手に送られてきて怖い
これって何者なの?

そして多分、この投稿にも付くんだろうね…
まぁ拒否しても良いけど、これで、来る人が増えるなら放置するが、なんか微妙なんだよね

とりあえず、今は残すけど…

Ubuntu unityを試してみた

先日リリースされたUbuntu Light 用のデスクトップ環境のunityを試してみました。

インストール方法は

下記のリポジトリを追加し

deb http://ppa.launchpad.net/canonical-dx-team/une/ubuntu lucid main
deb-src http://ppa.launchpad.net/canonical-dx-team/une/ubuntu lucid main

unity を追加します この時関連パッケージも自動で入ります。
後は、ログアウトしてログイン時にセッションを Ubuntu Unity Netbook EditionにすればOK

スクリーンショットを見ると分かると思うけど、かなりシンプルです
unityは軽量デスクトップ環境を目指しているみたいで動きも、軽いように感じます
ただ、本当に最低限のことはすぐに使えますが、ここに無いアプリを使おうと思うと、ワンクッション入るので、ちょっと面倒かも
でも、Moblinよりは使いやすい^^
ネットブックにはこっちの方が使いやすいかも
https://edge.launchpad.net/~canonical-dx-team/+archive/une