月: 2009年10月

concrete5.3.3.1日本語版リリース

concrete5日本語版の最新版がリリースされました^^
concrete5は、直接ドメインに飛んできた方の為に、申し訳程度に設置してあるCMSです。
まぁ内容を充実させていかないとと思いつつ、ほとんど放置状態なので…

今回のリリースはデーターベースの内容等が変わっているようで、WordPressのそのまま入れたらOKみたいに行かないようです。

まぁちょっとアップデートがめんどくさそうだけど、なるべく早めにアップデートしておきます^^

詳しいことはリリースノートを見てください^^
リリースノートはこちら

10/30追記
アップデートしました^^
多分、問題ないと思うけど、あったら報告ヨロ~^^

Ubuntu9.10 がリリースされました

Ubuntu9.10がリリースされました^^
今回リリースされたのは公式版のほうで、日本語版は後日になりそうです^^

まだ、ミラーに完全に行き渡っていないようですが、ネットブック版だけは、日本語版が出ないので落とさないとなぁ~

あれ…Blog書き始めた時にダウンロードにかかる時間が9分だったのに今見ると1時間29分><

TorrentはP2P規制がかかっていて使えないし、今日はやめたほうが良いね

http://www.ubuntu.com/

EeePC 901Xにubuntu 9.10 netbook remix RC版をインストール

EeePCを安く譲り受けたので、プリインストールのWindowsをそのまま使うのも良いのですが、SSDの容量が少なく、SSDの空き容量を心配しながら使い続けるのが嫌だったので、Ubuntuを入れてみました。

まぁ、UbuntuのDesktop版を入れても良かったのですが、せっかくUbuntuのネットブック専用のデストリビューションが出ているので、これを入れてみることに
この記事が、Blogに上がっている頃には、正式版がリリースされていると思うので、正式リリース版を興味がある方はライブCDとして起動して試してみたください^^
もしライブCDモードで気に入ったらUbuntuを実際にインストールしてみると、Windowsとは違った楽しみや発見があるかと^^

ということで、先日作成したライブUSBメモリに入れた、ubuntu 9.10 netbook remix RC版を使い普通にインストール
パーティションは、EeePC901XはSSDが4Gと8Gに分かれているので、効率良く使えるように、4GのSSDにホームフォルダ(/home)を作ってext4でフォーマット  8GのSSDを7Gと1Gで分けて、7Gの方をルート(/)にしてext4でフォーマット 残りの1Gをswapとして使えるようにしました。
もしHomeフォルダが一杯になりそうになったらSDカードを挿して/home2を作ってマウントさせれば問題ないかな

再起動後、言語サポートから言語パッケージを入れ、
ここを参考にして日本語環境セットアップヘルパを入れると、日本語化されるので使いやすくなると思います^^

あとは、普通にパッケージの追加や削除をして、自分の使いやすいように構築

アレスI-Xロケットが打ち上げられた

アレスI-Xロケットが打ち上げられました。

1日延期して、無事何とか打ち上げたって感じですが、おめでとうございます^^

1段目はパラシュートを開いて地球へ落下し、データー採集の為に回収され
2段目はダミー(重り)なので、そのまま地球上へ落下させるそうです

まぁ実験機なので、こんなもんかな

ついでに10月31日未明にHTVがISSから分離されるようです。
インターネット中継も行われるようなので、興味がある方はどうぞ^^

http://www.jaxa.jp/countdown/h2bf1/index_j.html

Ubuntu 9.10用のJapanese Teamのパッケージレポジトリが公開

Ubuntu 9.10の用のJapanese Teamのパッケージレポジトリが公開されたので、ここにメモっておきます^^
これを入れると、日本語環境セットアップヘルパが追加され、Ubuntu日本語Remix版と同等となります

Ubuntu 9.10の場合:
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/karmic.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja

この内容が書いてある公式ページ

Ubuntu9.10Desktop日本語Remix RC版がリリースされました。
まぁ明日正式版がリリースされる(日本語版は数日遅れて)ので、試したい方はどうぞ

ubuntu-ja-9.10-rc-desktop-i386.iso

アレスI-X打ち上げ延期

アレスI-Xの打ち上げが延期され。明日28日(今日)の21時になりました。
延期理由は天候悪化(風が強かった)なので、明日は予定通り打ちあがってくれるといいですね^^

ロケットの打ち上げ見たくてオンゲーやるのやめてたのにこんな結果ならやれば良かった><

ubuntu 9.10 netbook remix RC版をUSBメモリに入れる

ubuntu 9.10 netbook remix RC版はネットブック用のUbuntuなのに、iso形式で配布されています><
isoイメージをCDに焼いて、外付けCDドライブをネットブックに接続すれば良いのですが、
焼くのがめんどくさいし外付けCDドライブを持って無い人も居ると思うので、自分が行った方法をメモっておきます。
本来なら、CDの中に入っているusb-creator.exeで出来るはずなのですが、自分の環境ではうまく動かないので…

今回はRC版を使いましたが、正式リリースされたバージョンでも同じ方法が使えると思います。
29日になれば、正式リリースされるので、RC版を使わなくてもいいのだけど、好奇心で …
Ubuntuのサイトからubuntu-9.10-rc-netbook-remix-i386.isoをダウンロードします。
9.04の時は1GB近く有ったのですが、今回は700MBと容量が少なくなっており、CDに焼ける容量になっています。
まぁ、正式リリース版では多少容量が変わると思われます。

今回の方法で必要なものは

まず、USBメモリをFATでフォーマットします。
次に、ubuntuイメージをデーモンツールPowerISOなどで開き、CDの中身をそのままUSBメモリへコピーします。
ここで、コピーしただけでは起動しないので、ブートローダーを入れます。

ダウンロードしたsyslinuxを解凍し、Win32のフォルダのsyslinux.exeをCドライブ直下にコピーしてください。
そして、コマンドプロンプト(CMD)を起動させ、c:¥syslinux -m -a USBメモリのドライブ名: 最後のコロンを忘れないで!!
ex) USBメモリがFドライブの時はc:¥syslinux -m -a F:

実行後、USBメモリを開き、isolinuxフォルダをSyslinuxに名前を変更し、名前を変更した、Syslinux内のisolinux.cfgをsyslinux.cfgに名前を変更します。

これで、ブート可能なLiveUSB?になりましたので、ライブCDと同じように使用してください^^

 

この方法は、Windowsで行う場合であり他のOSで作る場合は、Syslinuxの説明書を読んで、必要なファイルの抽出やコマンドを実行してください。
また、自己責任で、実行してね^^

そういえば、日本語版のnetbook remixって出ないのかな?

アレス1-Xの実験機打ち上げ

アレス1-Xの打ち上げが本日予定されています。カウントダウンは進んでいますが、遅れているようです。

アレス1-Xはスペースシャトルの後継機として、ISSに物資を届ける役目を担っているそうですが、財政難で、今後の開発が進むのか不透明のようです

ロケット打ち上げ中継はNASATVで