ノートPCを持って無線LANを有効にしたまま、家の周りを歩いてみてください。
町内に、ひとつぐらいは暗号化されていないものを見かけます。
つまり、ただ乗りできてしまう、なにも対策をしていない、無線LANがかなりあるのです。
これで、犯罪なんかやられたら怖いね~

また、対策してある所でも、ほとんどは無線ルーターのソフトで、AOSSやらくらく無線スタートなどを利用して設定している場合が多いので、古い機器や任天堂DSを使っている場合だとWEPで暗号化されている。

で、今回そのWEPが、今までより短時間でなおかつ、ソフトを使えば誰でも解読出来るようになったそうです。

今までも、104bitのWEPキーを使ったWEPは1分ほどで解読できる様でしたが、今回は
20MBの通信があれば解読できてしまうそうです。10秒ぐらいで、出来ちゃうので、もう、これじゃあ暗号化の意味が無いよね

MACアドレスでフィルタリングしても、MACアドレスはヘッダの中に平文で送信されるから、それを取り出して、偽装すれば意味ないし
無線LANって結構怖いよね
どんな設定が、一番安全なんだろう?今のところWPA2にして、定期的にキーを変更するしかないのかな。

 

昔、携帯電話がアナログだったころを思い出したよ
(無線機があれば簡単に聞ける電話って..)

 

http://srv.prof-morii.net/~morii/#CSS20081009

コメントを残す