ついに、東芝が、HDDVDの撤退を表明しました。

東芝のプレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2008_02/pr_j1903.htm

先々週ぐらいから、アメリカや日本で、劣勢が報じられ、撤退するのでは?と言われていましたが、ついにその日が来てしまいました。

これで、ようやく、次世代DVDの争いに決着がつきました。
まぁ結局のところソニーはベータの雪辱を晴らせたって事ですかな…
しかし、今回の撤退表明でいままで、HDDVDにつぎ込んできた金額を考えると、東芝の損益は数百億はくだらないので、今後の業績に与える影響はかなり大きいものと予想されます。

また、東芝は、半導体や原子力発電に力を入れていくと表明しており、現時点でBlu-Rayのプレイヤーやレコーダーを出すつもりが無いといっていますので、今後、競争相手が減ることによる、ソニー、松下陣営によるBlu-Rayの独占的な
市場となり、価格競争が減っていくのではと懸念されます。

近いうちにXbox360もBlu-Rayのドライブを出すでしょう
パラマウントもBlu-Rayに乗り換えるだろうし、どうなるかな?
HD DVDレコーダーが安く買い叩かれたら、買っておこうかな
メディアをたくさん持っていれば、ビデオ代わりにはなるだろうし…
規格も変わりようが無いはずだから、供給量は期待できないけど、互換性問題は起きないだろうしね

ちなみに、6年前の今日、Blu-Ray Discの発表会が行われた日でもあります。なんだか、因縁めいたものがありそうですね お~コワ
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/2002/0219/dvd.htm

 

どうせ、Blu-Rayも、次のホログラフィック・バーサタイル・ディスク(HVD)までの繋ぎになるかもね
いつまで、持つか気になるね~

コメントを残す