フィギュアライズバスト マクロスΔ フレイア・ヴィオン

BANDAIより発売された フィギュアライズバスト マクロスΔ フレイア・ヴィオンを組みました。
以前、マクロスΔ の美雲・ギンヌメールを組んだ時に、フレイアの方が有ればって思っていてちょうどアリスホビーで巡り合えた感じですね^^

まぁこいつもセール品ですけどね^^
とりあえず今回は塗装は頑張るが、時間的に合わせ目消しは無しの簡単に終わらせる感じで作成しました。

使用カラー
髪イエロー
GX1 クールホワイト
329 イエローFS13538

髪オレンジ
GX1 クールホワイト
59 オレンジ
63 ピンク

髪影
59 オレンジ

肌色
111 キャラクターフレッシュ(1)
112 キャラクターフレッシュ(2)

服ホワイト
GX1 クールホワイト

服レッド
GX1 クールホワイト
79 シャインレッド

服ブラック
GX1 クールホワイト
71 ミッドナイトブルー

服イエロー
GX1 クールホワイト
4 イエロー
329 イエローFS13538

服ピンク
63 ピンク

ネクタイ青
65 インディーブルー
67 パープル
328 ブルーFS1505

マイク、台座オレンジ
59 オレンジ

台座オレンジを塗った後XC08 ムーンストーンパールを軽くコート

台座ブラック
GX2 ウィノーブラック

まぁ今回は専用カラーとか出てないので、普通に塗ってます。
説明書の色指定は、水性カラー指定なので、なんとなくこんなんかなぁって感じで調色してます。

写真です


せっかくなので2体並べてみました。

とこんな感じに仕上がりました。
まぁ悪くないかなぁ~って思っているのですが、やっぱり髪の毛の合わせ目が気になるね

とりあえず次はまた車かなぁ~(笑)

ガラヤカ はんまぁスペシャル おしおき☆パピポン

ハセガワより発売された 電脳戦機バーチャロン ガラヤカ はんまぁスペシャル おしおき☆パピポンを作りました。

電脳戦機バーチャロンの機体は過去にテムジンを作ったことがあったので、2度目になります。まぁその時は、塗装も、デカールも墨入れもしませんでしたが、今回はちゃんとやりました^^

しかし、前回同様壊れやすく、デカールが大変ってことは変わってません
もう少しスケールアップしてパーツ分割等をすれば組みやすくなると思うんだけど、発売されるだけましかなぁ~

 

 

使用カラー
ガイアノーツのバーチャロンカラーを使用する
VO-01 ウォームホワイト
VO-02 アイスコバルトブルー
VO-03 ビビッドオレンジ
VO-15 フレームメタリック(2)
79 シャインレッド
GX2 ウィノーブラック
GX205 GXメタルグリーン
SM02 スーパーゴールド
GX112 スーパークリアーⅢ UVカット 光沢
X1 ブラック

エッチング
バーチャロン用Vディスクエッチングパーツセット2

 

写真です

 

今回は専用カラーが使えたので、調色は楽でしたが、いかんせん塗分けとデカールが面倒でした^^;
しかも、当時のCGっぽさを出すために、光沢にしたかったので、クリアーを吹いたら、デカールが溶けたしちょっと大変でしたが、完成させることができてよかったです。
できればゲーム出る前に完成させたかったけど、無理でした

次はどうしようかな
ガラヤカはもう1体、他にもマイザーとか積んでるが、しばらくバーチャロンはいいかな
車かフレイアかふみなか

迷う・・・

ミラージュ YC07-CRONUS

KOTOBUKIYAより発売されたミラージュ YC07-CRONUS(クロノス)ガンメタVer.
限定版って書いてあったが、塗装しちゃいました^^
成形色がメタリックの場合、成型時にできるウェルドラインが目立つので、気になったので塗りました。

実は、この模型、昨年の10月頃には完成して、とりあえずの写真をTwitterに上げたのですが、ちゃんと撮影した写真は上げていなかったので、ナイトライダーと一緒に撮影して、
今回Blogに上げました。
めんどくさがり屋ですいません^^


本来の配色とは変えてますのが、模型ってこういうもんでしょ
いつも同じように作っていては面白くないので…

ナイトライダー ナイト2000 K.I.T.T. シーズンI

青島より発売された1/24 ナイトライダー ナイト2000 K.I.T.T. シーズンIを組みました。
途中放置期間が長くて、パーツが行方不明になったり、割れたりしましたが、なんとか完成させることができました・・・
前に作ったサンバートラックと比べてシャーシの作りがかなり違うんだなぁ~と実感しました。

使用カラー

ボディ
GX2 ウィーノブラック
Ex-03 Ex-クリアー

スイッチ類
X-11 クロムシルバー
GE-06 蛍光ブルー
GE-07 蛍光レッド
GE-08 蛍光イエロー
GE-10 蛍光グリーン

シャーシ
33 つや消しブラック
GP-08 プレミアムミラークローム
8 シルバー

内装
3 レッド
44 タン
33 つや消しブラック
101 スモークグレー

 

写真です。
ちょっとリアのガラスが割れて、いるのが残念です^^;
リアガラスは仮止めに近いので、交換しようと思えば交換できますが、パーツ請求するのもなぁ~って・・・

スイッチはガイアの蛍光エナメルを使っているので紫外線ライトを当てるとちょっと光ります その分普段の発色がよくないのがちょっと失敗

自分のそそっかしい?所が出てしまった作品です。
しかしカーモデル等で光沢出す前提だと埃が気になるので、何とかしないとね

次は何作ろう

フィギュアライズバスト 初音ミク

バンダイ フィギュアライズバスト 初音ミクを塗装しました。
予約して発売時期に、葬儀、稲刈りが重なり結構バタバタしましたが、とりあえず満足いく形で完成させられてほっとしています。

いやぁ~大変ですね・・・

使用カラー

髪の毛
57 青竹色
GX205 GXメタルグリーン
コートする
XC07 ターコイズグリーン

黄色肩腕
シール


SM03 スーパーアイアン
8 シルバー

ネクタイ、服の周り等
57 青竹色
GX205 GXメタルグリーン
GX216 GXメタルダークブルー

ヘッドホン黄色、赤色
シール

ヘッドホン黒
GX2 ウィノーブラック


63 ピンク
112 キャラクターフレッシュ(2)


111 キャラクターフレッシュ(1)
112 キャラクターフレッシュ(2)

今回は出来るだけメタリック調にしたかったので、こんな配色になっています^^
黄色はキレイに発色させるのが面倒だったので、シールで済ませています

写真です

デフォルメされたフジミのミクも良かったのですが、こっちは正統派って感じで良いですね。
出来れば、もう1体ぐらい買って、桜ミクとか色替えして作るのも面白いかもしれません
下半身まであると完璧なんだけどね、そこは仕方がないかな~
とりあえず目と顔の一体成型は塗装派の人にとっては残念でしかないが、最近のバンダイのコンセプトは塗装しなくても良いって感じだと思うので、仕方がないのかなぁ
まぁプラモを作る人口に対して塗装する人って実際どれぐらいいるのかわからないしね~

さて次は何を作ろうかなぁ~ 車も良いけど、ガレージキットかロボット物か戦車か・・・
罪にならないように組んでいかないと

プチッガイ きゃらっがい フミナ

バンダイから発売されたプチッガイ きゃらっがい フミナを軽く塗装してみました。
尚、同時に発売されたギャン子は買ってません・・・
パーツ少ないから、ちょっとした合間にちゃちゃっと済ませられます。
塗装しなくても十分ですが、そこは何となく塗装してます。

使用カラー

ボディ 黄色
113 RLM04イエロー
1 ホワイト
XC08 ムーンストーンパール
30 ブラットべース

 

ボディ 緑
64 ルマングリーン
66 デイトナグリーン
XC06 トルマリングリーン
30 ブラットべース

 

ボディ 髪飾り(ピンク)
63 ピンク
XC03 ルビーレッド

ボディ 黒
XF1 フラットブラック

フミナ顔
111 キャラクターフレッシュ(1)
318 レドーム

フミナ髪の毛
19 サンディブラウン
43 ウッドブラウン
318 レドーム

写真です

プチッガイ フューチャーピンクと並べてみました

見てわかるように、ほとんどのパーツが色違いなだけで、顔の部分だけ違うだけです^^;
まぁ最近の模型メーカーでよくある色違いバリエーションに顔を新規パーツで付けましたって感じです。

AOSHIMA ’12 サンバートラック 郵便車

アオシマより発売された ’12 サンバートラック 郵便車を友人の依頼によって作成しました。
静岡のホビーショーで半額ぐらいで売られていたものです。

物自体は車のプラモにしては、はめ合わせの問題等が少なく、シャーシもちゃんと作られているので、出来がいい方だと思います。
とは言っても、車のプラモで、ちゃんと色を塗って組むのは初めてです 小学生ぐらいのときに塗らずに作った覚えはあるのですが、かなり昔ですし、色塗ってないのでカウントしません^^
戦車も車といえば車ですが、まぁジャンルが違いますし・・・
まぁ初めてにしては作りごたえがあってよかったと思います。

使用色
ボディ
3 レッド
XF1 フラットブラック
X-11 クロムシルバー

ガラス
XF1 フラットブラック
101 スモークグレー

内装
13 ニュートラルグレー
XF1 フラットブラック

座席
35 明灰白色(半光三菱系)
XF1 フラットブラック

車体
92 セミグロスブラック
SM03 スーパーアイアン

エンジン
SM03 スーパーアイアン
3 レッド
15 暗緑色(中島系)

タンク
XF2 フラットホワイト
XF55 デッキタン
4 イエロー

バッテリー
92 セミグロスブラック
XF2 フラットホワイト
XF55 デッキタン
3 レッド

ウィンカー
8 シルバー
49 クリアーオレンジ

ブレーキランプ
47 クリアーレッド

クリアー
Ex-03 Ex-クリアー

写真です。

ある程度塗り終わって、研ぎ出しまでいった所で、組むとプラが透けて赤い色が黒っぽいところと、明るいところが、はっきり出て、ちょっとまずかったので、一部裏面にシルバーを吹いたりしてちょっとごまかしています。
また、よく見ると荒いところもあります、接着剤はみだしやら研ぎ出しが適当だったり、まだまだ改善すべきところもありますが、あまりやるとテンションダダ下がりで封印になってしまうのもどうかと思うので、この辺で完成って事にしました。
まぁ問題点は次回以降に頑張ろうって事で・・・

 

p.s依頼主へ これで良いかな?リテイクも必要なら行いますので、早めの連絡を・・・

 

次のプラモはきゃらっがい フミナかなと

T’s system 1/6小牧愛佳 下着版

ガレージキットのT’s system 1/6小牧愛佳 下着版を組みました。
作り始めたのは去年で、ちょっと個別に塗ったら腕の分割ラインが目立つので、どうしようか迷い放置してたものになります。
結局、腕と髪の毛は分割跡が目立つので、合わせ目を消してから塗装して目立たないようにして、キットのサイズが大きいので足はそのまま分割されたまま塗装し、接着せずに分割できるようにしています。

使用色


111 キャラクターフレッシュ(1) をベースに吹いて
112 キャラクターフレッシュ(2) で陰影

XC03 ルビーレッドを顔と胸の上にごく少量吹き付ける

 

髪の毛
44 タン をベースに吹いて
43 ウッドブラウン で陰影を

髪飾り
ガッシュで塗った

ブラ
GX1 クールホワイト をベースで吹いて
174 蛍光ピンク を少量混ぜて、陰影+縁取り
XC03 ルビーレッドをごく少量吹き付ける

ショーツ
72 ミディアムブルー をベースで吹いて
328 ブルーFS1505 で陰影を

靴下
GX1 クールホワイトをベースで吹いて
35 明灰白色(半光三菱系)と
323 ライトブルーを少量まぜて陰影を塗装


GX1 クールホワイト

靴ライン(赤)
3 レッド


ガッシュで塗装後
クリスタル ジェル メディウム を盛る

つや調整
46 クリアー
181 スーパークリアー半光沢
182 スーパークリアーつや消し

写真です

いつも通りラッカー系で塗り、眼はいつも通りガッシュで塗ってからクリスタル ジェル メディウムで盛り上げてます。

10年ぐらい前に塗ったフィギュアよりはキレイに塗れていると思うけど、最近の完成品フィギュアでも高い物はキレイに塗っているものが多いので、なんだか凹みます^^;
それでも、塗りの参考にもなるので、ちょくちょく店で観察はしてます。

最近模型人口減ってるなぁ~って感じます。
もう少し若い人が模型に興味を持てば良いのですが・・・
難しいですね

次は車のプラモになると思うが、きゃらっがい フミナをどこかで作っちゃうかも

フィギュアライズバスト 美雲・ギンヌメール

BANDAIより発売された フィギュアライズバスト 美雲・ギンヌメールを作りました。

フィギュアライズバストは2体目です。このプラモは地元のお店で800円だったので買いました。
本当はフレイヤが欲しかったけど売ってないし 最近こんなのばっかりです^^;
まぁネットで買えば良いんですけど、いざという時、地元に店がなくなると困るので、なるべく地元で買うようにしています。
結局フレイヤは買ってないです・・・もし次にフィギュアライズバストを買うとしたら初音ミクでしょうかね

使用カラー
髪パープル
GX1 クールホワイト+67 パープル+100 マルーン

髪濃いめ
髪パープルの残りに100 マルーン追加

髪パール
XC04 アメジストパープル+GX100 スーパークリアーⅢ+181 スーパークリアー半光沢

顔、首、胸部
111 キャラクターフレッシュ(1)を全体に塗布後、112 キャラクターフレッシュ(2)を追加して陰影強調用に薄く使用

髪飾り、首飾りイエロー
329 イエローFS13538+9 ゴールド

髪飾りダークパープル
67 パープル+100 マルーン

マイクブルー
57 青竹色+65 インディーブルー+323 ライトブルー

髪ライトブルー
GX1 クールホワイト+323 ライトブルー

服ブルーグリーン
GX1 クールホワイト+323 ライトブルー+65 インディーブルー

服ホワイト
GX1 クールホワイト

服ブラック
GX2 ウィーノブラック

台座レッドパープル
100 マルーン+XC04 アメジストパープル+1001 ライト ステンレスシルバー

台座グレー
GX2 ウィーノブラック+67 パープル+100 マルーン


クリスタル ジェル メディウム

顔の一部に
アクリルガッシュを使用

艶調節
GX100 スーパークリアーⅢ
181 スーパークリアー半光沢
182 スーパークリアーつや消し

完成写真です

こんな感じです。相変わらずバンダイは良い仕事をしていますが、塗装をする前提だと、もう少し分割を考えてほしいですね
まぁシールで手軽に完成って事なら今のままでも十分なのかな